NEW

講談社だけじゃない!大手マスコミ社員のトンデモ事件簿…猥褻、薬物、盗撮、暴行も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 1月31日、大手出版社・講談社社員でコミック誌「モーニング」編集次長の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者を起訴した。

 同10日に警視庁に逮捕されていた朴容疑者は、警察の調べに対し、「育児をめぐって夫婦げんかになり、もみ合いになってヘッドロックをした」「気がついたら自殺していた」「妻は自分(=朴容疑者)のジャケットで首をつった」などと容疑を否認していた。佳菜子さんの首には絞められた痕跡があり、警視庁は朴容疑者が腕で首を絞めた可能性があるとみているという。

 普段はさまざまな事件を報じる側のマスコミだが、出版社のみならず新聞社、テレビ局など大手マスコミ社員が犯罪を犯す事例も後を絶たない。そこで今回は、これまでにマスコミ社員が起こした犯罪・事件を振り返ってみたい。

新聞社


 まず、記憶に新しいところでは、日本経済新聞社のデジタル編成局社員の男が、不正アクセス禁止法違反などで2016年11月に逮捕された事件が挙げられる。

 被害に遭ったのは、モデルの押切もえや、NMB48の元メンバーである渡辺美優紀ら。男はなんらかのルートで彼女らの電話番号やメールアドレスを入手し、誕生日などのプロフィールをヒントにログインパスワードを特定すると、メールサーバーやクラウド型データ保存サービスの中身を盗み見ていたのである。

「パスワードを突破することに喜びを感じ、ゲーム感覚でしてしまった」と男は供述しているが、「安易に推測できてしまうパスワードの設定は避けるべきだ」と世間に警鐘を鳴らすかたちにはなったかもしれない。なお本件について、日本経済新聞社は「逮捕された社員は当社が保有する顧客の個人情報を犯行に使用していない」との認識を示した。

 さらに遡ること14年11月には、同じく日本経済新聞社の文化事業部次長の男が、覚せい剤取締法違反で逮捕されている。密売人とメールでやり取りしていたうえ、自宅には約0.37グラムの覚せい剤を所持。懲役1年6月、執行猶予3年という判決が下り、懲戒解雇となった。

 余談だが、ニュースサイト「MyNewsJapan」が06年に調査した「マスコミ犯罪ランキング」にて、日本経済新聞社は第1位になっている。06年1月1日~10月6日という期間内だけで、児童買春、証券取引法違反、詐欺などにより6人もの社員が逮捕されている。

 ほかの新聞社でも、不祥事の記録はいくつも出てくる。

講談社だけじゃない!大手マスコミ社員のトンデモ事件簿…猥褻、薬物、盗撮、暴行ものページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、フジテレビ社員大手マスコミ社員講談社の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!