NEW

ファミマ、沖縄で圧倒的に強い謎…石垣島にも18店舗、セブン進出で勢力図激変は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミリーマートの店舗(撮影=編集部/写真は東京都内の店舗)

 セブン-イレブンがついに沖縄進出――。コンビニエンスストア業界の巨人、セブンが47都道府県中唯一出店していなかった沖縄に、2018年をメドに進出するというニュースは、昨年6月28日付日本経済新聞が報じたもの。会社側から正式なリリースはいまだに出ていないが、日経新聞は古屋一樹新社長のインタビュー記事でこの件を報じており、会社側が否定した形跡もないので、鋭意準備中なのだろう。

 沖縄にあるコンビニは、ファミリーマートとローソン、それにココストアの3社だったが、ココストアが15年10月にファミマに買収され、2カ月後の12月に吸収合併されたため、昨年夏までにココストア店舗はファミマに衣替えされた。このため、現在沖縄県内にあるコンビニはファミマとローソンのみ。昨年12月末時点の店舗数は、ファミマが317に対しローソンは207。

 まず単純に店舗数で6対4でファミマに軍配が上がるうえ、ファミマは宮古島、石垣島、久米島にも出店していて網羅性も高い。久米島は2店舗、宮古島と石垣島にはそれぞれ18店舗あるが、ローソンは沖縄本島以外には店舗はない。

決め手はセゾン時代に導入したエリアフランチャイズ制


 なぜファミマは沖縄に強いのか。答えは「エリアフランチャイズ制が奏功したから」である。

 ファミマの沖縄進出は今から30年も前の1987年。当時のファミマは西武セゾングループ傘下のコンビニ。沖縄に進出する2年前の85年、地方企業と提携して地域限定の営業権を認めるエリアフランチャイズ制を導入している。本部と店舗の間にエリア本部という中二階を設けるシステムである。

 エリアフランチャイザー第1号は中部ファミリーマート。名古屋の総合酒販センターという会社とファミマが合弁で設立した会社である。第2号が沖縄で百貨店等を営むリウボウという会社と合弁で87年に設立した沖縄ファミリーマート。

 以降、89年に長崎市の松早コンビニエンスストアとの合弁で松早ファミリーマート、福岡市の名門百貨店・岩田屋と合弁でアイ・ファミリーマート、90年に福井市のスーパー・ユースと合弁で北陸ファミリーマート、97年に鹿児島県の酒類・食品卸の本坊商店と合弁で南九州ファミリーマート、そして06年にスーパー・セイコーマートを経営する北海道の丸ヨ西尾と合弁で北海道ファミリーマートを順次設立。

 これらのエリアフランチャイザーは店舗拡大に大きく貢献したが、このうち現在も残っているのは沖縄ファミリーマートと南九州ファミリーマートだけ。他はファミマ本体に吸収されたり、合弁を解消したりして消滅している。

ファミマ、沖縄で圧倒的に強い謎…石垣島にも18店舗、セブン進出で勢力図激変は?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、セブン-イレブンファミリーマートローソンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!