NEW

鳥貴族・磯丸水産の隆盛、和民・庄やの没落…居酒屋業界の下克上で盟主交代

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥貴族の店舗(「Wikipedia」より/L26)

 大阪名物・串カツを専門にした居酒屋「串カツ田中」は2016年9月14日、東証マザーズに上場した。初値は4425円と公開価格の3900円を大きく上回り、上場翌月の10月14日には9090円という信じがたい高値をつけた。現在も6000円前後と公開価格を上回る水準で推移している。

 串カツ田中は、肉や野菜、魚、加工食品などを串に刺して衣につけて揚げる串カツというシンプルな料理を専門にした居酒屋であるにもかかわらず、株価が爆騰した理由は何か。

 それは、成長路線が評価されたからだといわれている。串カツ田中は08年12月に東京・世田谷に1号店をオープンさせた。16年11月期、関東圏を中心に37店舗(直営14店、FC23店)を出店し、期末店舗数は131店に拡大した。既存店売上高は前期比0.3%減にとどまったが、前の期にテレビ番組で取り上げられたことで、浮動客が増えた反動が出た格好だ。それでも、おおむね堅調に推移した。16年11月期の売上高は前期比58%増の39億7000万円、本業の儲けを示す営業利益は57%増の3億1000万円だった。

 今期は直営16店、FC24店の計40店の出店を計画。17年11月期の売上高は28%増の51億円、営業利益は23%増の3億9000万円を見込む。目標は全国1000店舗体制の構築だ。

 居酒屋業界では、手頃な価格でなんでも食べられる総合居酒屋が低迷しているが、その一方で専門に特化したところが顧客の支持を得ている。串カツ田中もその1社だ。積極出店が高い株価を維持するバネになっている。

焼き鳥280円均一の「鳥貴族


 また、専門に特化した居酒屋としては、焼き鳥チェーンの鳥貴族が出店を加速させている。21年までに店舗数を現在の500店から2倍の1000店にする。

 鳥貴族は1985年、大阪府東大阪市に1号店をオープンした。05年に東京進出、08年にグループで100店舗に達している。16年12月末時点で関西、関東、東海の大都市圏に510店(直営299店、FC店211店)となり、500店の壁を突破した。

 17年7月期は100店を出店する予定で、それ以降も毎年120店のペースで出店を加速させ、1000店達成の青写真を描く。

 出店攻勢で業績は右肩上がりを辿る。17年7月期決算の売上高は前期比25%増の307億円、営業利益は23%増の19億5000万円と、増収増益を見込んでいる。

鳥貴族・磯丸水産の隆盛、和民・庄やの没落…居酒屋業界の下克上で盟主交代のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ワタミ串カツ田中鳥貴族の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!