NEW
三上洋「IT漂流時代」

革命的なUstreamが消滅した今、乱立するライブ配信サービス生き残りのカギは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ustreamが「IBM Cloud Video」へ統合されることをアナウンスするリリースページ。すでにこのページのデザインも変更されている。

 ネットライブ配信の先駆けとなった「Ustream(ユーストリーム)」ブランドが消滅する。なぜUstreamは勝てなかったのか、ネットライブ配信の専門家・ノダタケオ氏に寄稿をお願いした(ITジャーナリスト・三上洋)。

 5日、Twitterの「日本のトレンド」に「Ustream」というキーワードが約8時間にわたり登場し続けました。2016年1月に米国法人Ustreamが買収され、IBMの傘下へ移ったのちもブランド名として継続展開されていたライブ配信の代名詞Ustreamが、「IBM Cloud Video」へ統合されるというトピックに、インターネット上で大きな反応が示されたことからでした。

 現在のサービスは「一般向け大規模配信」「クラウドでのBtoB配信」「CDNとしての利用」として継承されますが、Ustreamブランドは消滅。ウェブサイト「Ustream.tv」上の表記も順次変更されるとみられます。

 Ustreamは07年に生まれたインターネット上の生放送(ライブ配信)のサービス。09年末にソフトバンクが出資を決め、10年にアジア圏の展開を目指す日本法人Ustream Asiaがスタートしました。

 Ustreamが日本におけるライブ配信サービスの代表格となったきっかけは11年。東日本大震災の発災で、停電によりテレビ局やラジオ局が伝える津波の情報を得ることができない人たちへ向けて、いち早く「サイマル配信(放送と同じ内容のものがネット上でも配信)」をすることで、被災をした人たちの「貴重な情報源」となりました。

 テレビやラジオの「メディア」とUstreamの「ライブ配信サービス」による、超法規的で画期的なこの連携は、過去にも、これからの未来においてももう起きることのない歴史的な出来事であったといっても過言ではないと思います。これをきっかけに、現在の「放送と通信の融合」の推進にもつながっていきます。

 さらに、この歴史的な出来事は、これまでのテレビやラジオの電波ではなく、ネットを通じてリアルタイムに映像音声を伝送する「ライブ配信」という仕組みの認知度を大きく上げました。

「電波」と「ネット」のカタチの違いはあれど、テレビ局やラジオ局と同じように、一般の人でも自由に発信したい情報(コンテンツ)をありのままにリアルタイムで映像音声を送り伝えることができる「即時性」と、テレビやラジオにはないチャット機能による「コミュニケーション性」があるライブ配信に魅力を感じ、「配信者」というクリエーターが生まれていきます。

 放送時間の枠や電波が届く範囲に限りがない、そんなUstreamというライブ配信サービスの情報を伝える新しいカタチに、大きく惹かれた人が増えていったのです。

革命的なUstreamが消滅した今、乱立するライブ配信サービス生き残りのカギは?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、UstreamYouTubeツイキャスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!