NEW

ローソン、三菱商事の完全管理下で独立性喪失…玉塚会長を放逐

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ローソンの店舗(「Wikipedia」より/On-chan)

 4月12日、ローソンの取締役会で玉塚元一会長が「退任して、新しいことをやりたい」と辞意を伝えた。

 三菱商事出身の竹増貞信社長は、玉塚氏と一緒に出席した共同記者会見の場で、「慰留を重ねたが、玉塚氏の(退任の)意思は固かった」と述べた。だが、玉塚氏が退任を決意した理由は竹増氏、さらに三菱商事の「自分に対する評価の低さ」にあったと関係者は推察している。

 記者会見で玉塚氏は、「色々な話を頂いている。これから考えて決めたい」と語り、「あまりアイドリングはしたくない。次に突入するが、まったく違う業界かもしれない」と意味深な捨てゼリフを残した。

 玉塚氏は退任の理由について「(ローソンが)三菱商事の子会社になったことが、ひとつのきっかけ」と明言した。5月末の株主総会での退任を表明した玉塚氏は、時折、目に光るものがあった。涙の意味は、おそらく「悔し涙」だとみる向きが多い。

 先述の捨てゼリフから、流通業界関係者は「三木谷浩史会長兼社長と話がついているのではないのか。電撃的に楽天入りして、苦戦が明らかになっている楽天市場を担当するのではないか」と予測する。

 また、ある百貨店幹部は、「まったく違う業界」という言葉から「日本電産の永守重信社長兼会長のもとで、新しい業態の仕事を立ち上げるのではないか」とみる。日本電産が消費者と直結するビジネスに打って出るという見方をしている。

 いずれにしても、オーナー経営者の企業に入って社長兼COO(最高執行責任者)となり、陣頭指揮するという見立てだ。

 一方で、こんな情報もある。三井物産に入り、同社が日本マクドナルドホールディングスを買収した暁に、マクドナルドの社長兼CEO(最高経営責任者)になる、というものだ。だが、この情報には少し飛躍があるかもしれない。

 2016年6月、筆頭株主の三菱商事が竹増氏をローソン社長に送り込んだ。今年2月には、株式公開買い付け(TOB)によってローソンを子会社にした。当初は、玉塚氏がCEOとして国内を担当、竹増氏がCOOとして海外を担当という役割分担をしてきたが、3月にCEO、COOを廃止し、竹増氏に権限を集中させた。

 玉塚氏の仕事は企業統治とされたが、要するに「第一線から引け」という意味だったのだろう。

ローソン、三菱商事の完全管理下で独立性喪失…玉塚会長を放逐のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ファミリーマートローソン三菱商事の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!