NEW
航空経営研究所「航空業界の“眺め”」

【激動する世界航空業界:最新動向研究と展望】巨大アライアンス支配崩壊で混沌化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
U-Fly HP」より

 2016年1月に世界初のLCC(格安航空会社)アライアンス「U-Fly」が誕生した。U-Flyには、中国コングロマリットHNAグループ(海南集団)のLCC4社と韓国の1社が参加している。そして同年5月には、アジア太平洋地域のLCC8社で構成するバリューアライアンスが設立された。

 このバリューアライアンスには、日本のバニラエアが参加している。まるでLCCが、FSC(フルサービスキャリア)のグローバル・アライアンス(以下、 Gアライアンス)を真似ているかのようだ。最近では、LCCが急成長して世界の国際線航空旅客市場の10%以上の供給シェアを獲得しているので、FSCが慌ててLCCに対抗するためにLCCのベスト・プラクティス(最良の事例)を真似し、その反対にLCCがさらにシェアを拡大するためにFSCのそれを真似し始めているとしても不思議もない。

 LCCとFSCのビジネスモデルの境界線がぼやけて始めて、ハイブリッド型の航空会社が出現しつつある。そこで今回は、本家のGアライアンスの現状を改めて調査してみよう。

Gアライアンスの本来的な目的


 航空会社にとって、ネットワーク、つまり路線網が極めて重要な意味を持つ。路線網の大小が、航空会社の集客力を左右することになるからだ。特にマイレージポイント制度が導入されてからは、それを使える路線網のスケールの大小がこの制度の優劣のベースとなる。言い換えれば、マイレージが顧客の航空会社選択時の重要なメルクマール(基準)となっている。

 顧客にとっては、A地点からB地点に飛んでいる航空会社よりも、A地点からB、C、D……とできるだけ多くの地点へ飛んでいる航空会社のほうが、便利で好まれるというわけだ。そして、航空会社1社単独では年間6億人ほどの世界の国際線航空旅客に対応して、世界の隅々まで飛んで行くことなどはできないので、複数の航空会社が提携してネットワークを拡大していくというのが、Gアライアンスの本来的な目的となる。

 では、Gアライアンスの提携内容とはどんなものなのだろうか。

 大まかにいうと、顧客利便性の増進と加盟航空会社の収支改善の2つで構成される。顧客利便性の増進では、「乗り継ぎサービス」「コードシェア」「マイレージポイント相互利用」などの提携がある。

【激動する世界航空業界:最新動向研究と展望】巨大アライアンス支配崩壊で混沌化のページです。ビジネスジャーナルは、連載、LCCアライアンス全日空日本航空の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!