NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

感動的に便利なUberが爆発的普及…スマホ入力→数分でタクシー到着→支払い行為不要

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Uber Japanの高橋正巳社長

 Uberは、台頭するIT関連企業のなかで最も注目されている企業のひとつである。

 注目を集める理由はいくつかある。ひとつはその新興性だ。世界本社である米サンフランシスコでUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)が創立されたのは2009年のことだ。まだ10年もたっていない。

 2つ目はその規模感だ。Uberはまだ上場していないが、投資会社の間での評価として、企業価値が700億ドル(約7兆8000億円)に達したといわれる。ちなみに日本最大の企業価値を有するとされるトヨタ自動車のそれが1560億ドル強(17年6月末)なので、未上場のUberがトヨタの半分の企業価値をまもなく達成するだろう。ユニコーン企業(企業価値10億ドル以上のベンチャー企業)としてはUberが世界最大といわれている。

 3つ目は、ビジネスモデルの革新性だ。Uberが創出し、提供しているのはシェアリング・エコノミーの概念に基づいた配車アプリである。

 前回に引き続き、今回もUber Japanの高橋正巳(まさみ)社長に、日本におけるUberビジネスの現状と展開をうかがった。

世界のUber、日本のUber


――6月にUber米国本社が「世界中で50億回目のUber乗車を達成した」と発表されましたね。

高橋社長(以下、高橋) はい。Uberは現在、世界77カ国・地域でサービスを提供しています。20億回目が達成されたのが2016年だったので、その後1年間で倍増以上しました。

――主として利用されたのはuberX(ウーバーエックス)というサービスですね。

高橋 はい。uberXは、遊休資産として眠っている自家用車を運転したい人の隙間時間を活用し、お客の移動に提供するものです。登録運転者のことをドライバー・パートナーと呼んでいます。世界のUberのなかで、一番使用頻度が高いサービスです。

――その場合、顧客が知らない運転手への信頼などはどう担保されるのですか。

高橋 お客様は、乗車前にドライバー・パートナーの名前や顔、評価がわかる仕組みになっています。また、移動終了後に、お客様にドライバー・パートナーへの評価を入力していただくようにしています。評価が高いドライバー・パートナーには、より多くのサービス機会が提供できるようにシステム設計されています。

感動的に便利なUberが爆発的普及…スマホ入力→数分でタクシー到着→支払い行為不要のページです。ビジネスジャーナルは、連載、Uberトヨタ配車サービスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!