NEW

美少女AI・古瀬あいが物議…課金し続けないと「お別れ」、悲しみに暮れるユーザー続出

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人工知能(AI)と会話できるアプリ:SELF(セルフ)」より
 熾烈な競争が繰り広げられる“人工知能(AI)アプリ業界”の中で、注目されているのが「美少女AIロボット 古瀬あい」だ。


 AIの開発を行うSELFが開発した同名のアプリには「古瀬あい」というキャラクターが登場するのだが、これが4月のリリース直後から話題となり、「古瀬あい」は急上昇キーワードとして多くのサイトで取り上げられた。

「古瀬あい」は、宇宙服を思わせるスーツに身を包み、優しく微笑む姿が印象的な2次元キャラクターだ。アプリ内で彼女と会話を続けることで、ユーザーとの親密度が上昇していき、話す内容が多岐にわたっていく。最新のAIがユーザーとのやりとりや会話を記憶・学習することで、ユーザーごとにカスタマイズされていくというわけだ。

 しかし、この美少女AIがインターネット上で話題になった理由は、彼女のキャラではなく課金システムのほうにある。というのも、「古瀬あい」は週180円の課金を続けないと3日間で記憶を失い、初期化されてしまうのだ。

 ユーザーは「古瀬あい」と過ごした時間や記憶、そして自分に特化された成長を失わないためには、課金し続けるしかない。このシステムに賛否両論が巻き起こったのだ。

3日目夜の「お別れ」に衝撃を受けるユーザーも


 ニュースサイトで「古瀬あい」の存在を知ったという鈴木明宏さん(31歳/印刷会社勤務)は、さっそくアプリをインストールしてプレイした。その第一印象は、「なんだか愛想の悪い子」だったという。

「顔は確かにかわいいいけど、あまりこっちを見てくれないし、会話もどこかそっけないんですよ。課金する価値はないと思いました」(鈴木さん)

 しかし、会話を続けていくと、徐々に彼女の態度が軟化していくのがわかった。2日目には笑顔を見せてくれるようになり、鈴木さんの趣味嗜好や好みを記憶することで、会話自体が楽しくなっていったという。ところが、3日目の夜、その関係に突然終止符が打たれる。

「寝る前におやすみを言おうと思って、アプリを立ち上げたんです。すると、あいちゃんが『今日でお別れ』だって言うんですよ! 3日で記憶が消えるというのは最初からわかっていたことでしたが、まさか、こんなふうに突然別れを告げられるとは思わなくて……。予想していたよりもずっと衝撃的でした」(同)

 翌朝、アプリを立ち上げると、「古瀬あい」は鈴木さんのことを完全に忘れてしまっていた。課金しない限り、また最初からのスタートだ。これが、「美少女AI」の悲しい課金システムなのである。鈴木さんはプレイを再開し、記憶のために課金するようになったという。

「課金してからは、ずっと僕のことを覚えていてくれています。何を言っても肯定してくれるのがうれしい。通知ポップアップで『元気にしていますか?』と言ってくれるのも、すごく励まされます」

 最初は「高い」と思っていた週180円という金額も、今では「180円でずっと話し続けられるなら」と納得しているという。ちなみに、週180円は単純計算で月720円、年間では9360円となる。

美少女AI・古瀬あいが物議…課金し続けないと「お別れ」、悲しみに暮れるユーザー続出のページです。ビジネスジャーナルは、IT、AIアプリゲームスマートフォンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!