NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

1杯3千円、「幻の世界最高級コーヒー」が日本でも飲める!絶句必至のブッ飛びの味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「パナマ・ゲイシャ」のコーヒー(右)と、飲み比べたブレンドコーヒー(左)

ゲイシャ種でも「パナマ・ゲイシャ」は別格

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

「カフェ」や「コンビニコーヒー」の人気を反映して、近年、コーヒーの国内消費量は右肩上がりだ。全日本コーヒー協会発表「日本のコーヒー需給表」によると、2016年度は47万2535トンを記録し、4年連続で過去最高を更新した。そのなかでも高級な豆を使ったコーヒーは「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるが、それに該当する豆は、日本に輸入されるコーヒー豆の5%程度だという。

 ところで「コーヒーの最高級銘柄は?」と聞かれると、多くの人が「ブルーマウンテン」を思い浮かべるのではないだろうか。昭和時代から有名な銘柄(主にジャマイカ産)だが、実はかなり前に最高級の座を降りている。その理由はハリケーンなどで生産地が打撃を受けて、良質のコーヒー豆の生産が厳しくなったからだ。業界関係者の間では常識だが、いまだにありがたがる人もおり、皮肉を込めて“ブルマン信仰”と呼ぶ関係者もいる。

 代わって現在、最高級銘柄に位置するのが「パナマ・ゲイシャ」という品種だ。今回はこのコーヒー豆を紹介したい。

 そもそも「パナマ・ゲイシャ」とは、コーヒーの原産地、アフリカ・エチオピアの“ゲイシャ村”に由来する在来の品種名で、同村と環境条件が似た中米・パナマで生産されるコーヒー豆をいう。そうした由来ゆえ、中米のコスタリカ産や南米のコロンビア産など、「ゲイシャ」品種はほかにもある。そのなかでもパナマ産は最高級で、超高値で取引されるのだ。

 実はコーヒーの長い歴史のなかで、パナマ・ゲイシャの歴史は非常に新しく、21世紀になってからだ。世界中に広まった、たくさんのコーヒーのなかから、この品種の味を発見したのはパナマのエスメラルダ農園のダニエル・ピーターソン氏だ。

 もともとスウェーデン人によって開設された歴史の古い同農園を、64年にダニエル氏の祖父であるルドルフ・ピーターソン氏(元バンク・オブ・アメリカ社長)が購入し、息子のプライス氏(ダニエル氏の父)が受け継ぎ、ダニエル氏の兄のエリック氏、姉のレイチェル氏も同農園の広報役として関わる。つまり、老舗農園の後継者がおいしい味を発見し、世の中に送り出したことになる。

1杯3千円、「幻の世界最高級コーヒー」が日本でも飲める!絶句必至のブッ飛びの味のページです。ビジネスジャーナルは、連載、スペシャルティコーヒーパナマ・ゲイシャブルーマウンテンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!