NEW

夜中3時に家の火災警報器が鳴り響き…なぜ誤作動が多発?意外な原因と防止策

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
センチュリー代表取締役社長の小善一成氏
 今やすべての一般家庭に設置が義務付けられている火災警報器。これは、2006年6月に改正消防法が施行されたことによるものだ。


 家電量販店やホームセンターで購入することができる火災警報器は、火災の発生をいち早く知らせてくれる家庭の“守護神”であることは間違いないが、誤作動を起こすケースもあるという。実は、筆者も先日夜中の3時に「火事です」とサイレンが鳴って叩き起こされた。

 周囲に聞いてみると、このような体験をした人は意外に少なくない。なぜ、火災警報器は誤作動を起こすのか。また、防止策はあるのか。防災関連製品最大手であるセンチュリーの代表取締役社長・小善一成氏に話を聞いた。

教科書にも載った「地震の見張り番」


――まず、貴社の事業内容について教えてください。

小善一成氏(以下、小善) 創業は1987年。パソコン周辺機器の販売からスタートし、当時は売り上げ174億円、粗利率9%で、一時は株式上場も検討しました。しかし、その後ITバブルの崩壊で業態の変化を余儀なくされました。そこで、「あったらいいなを実現する」という使命感のもとに商品開発・販売を行い、現在は防災関連の製品やサービスの提供に注力しています。

 当社のロゴマークには、3つの波が描かれています。「過去」「現在」「未来」の「三世」にわたって我々は生きていますが、「過去」に感謝し、学びや教訓を得る。「現在」を勤勉かつ力強く前進する。そして、「未来」に向かって「あったらいいなを実現する」ことに全力を尽くします。

 人の生命やライフスタイル、財産を守り、ひいては国の基盤を守るべく社会に貢献する。同時に、会社および従業員、各利害関係者が繁栄できるように未来に向かって挑戦し続けることを目指します。

――具体的な製品ラインナップは、どのようなものでしょうか。

小善 東日本大震災、さらに昨年の熊本地震も記憶に新しいですが、日本は地震大国です。防災には力を入れていかなければなりません。来るべき巨大地震、津波、噴火などの災害を一刻も早く具体的かつ正確にお知らせする緊急地震速報機「地震の見張り番」、非常時に使える大容量蓄電源「停電の見張り番」の販売を強化します。

 実は、政府が公表していた2007年度版の地震予測地図では、「多くの地域が地震被害に遭う」という予測がされていました。現在、その予測地図は非公開ですが、防災技術で社会貢献をする精神で業務に邁進しています。

「地震の見張り番」は大好評で受注実績は約2万5000台、シェア1位です。法人だけでなく学校や個人からも引き合いが多いです。また、教科書にも掲載されており、大変光栄に思っています。「地震」「停電」の次は「津波」です。現在、「津波の見張り番」も開発中です。

――以前に上場を検討されたとのことですが、現在はいかがでしょうか。

小善 捲土重来を期して、5年後の上場を目指しています。

夜中3時に家の火災警報器が鳴り響き…なぜ誤作動が多発?意外な原因と防止策のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、センチュリー地震家電量販店火事火災警報器防災の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!