NEW

東芝を殺したA級戦犯の経営者たち…権力欲と名誉欲乱れる抗争の成れの果て

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東芝元社長・西室泰三氏(ロイター/アフロ)

 東芝の社長と会長、東京証券取引所会長、日本郵政社長を歴任した西室泰三(にしむろ・たいぞう)が10月14日午後8時50分、老衰のため亡くなった。81歳。東芝によると通夜は19日、告別式は20日に東京都目黒区中目黒3-1-6、正覚寺実相会館で近親者のみで営まれた。喪主は長女の陶子(とうこ)。お別れ会は、11月30日12~13時、千代田区内幸町1-1-1の帝国ホテル「孔雀の間」で執り行われる。主催は東芝で、喪主は同じく長女の陶子と決まった。

 東芝は上場廃止の瀬戸際に立たされている。原発事業の失敗などで東芝の経営危機が表面化すると、西室がその元凶だったとの見方が噴出。東芝をダメにした“A級戦犯”と糾弾されている。

「肩書きコレクター」。西室についた仇名である。名誉欲と権力欲は人一倍強かった。東芝会長になった西室は財界総理といわれる経団連会長の座を狙った。東芝は第2代経団連会長の石坂泰三、第4代会長の土光敏夫を輩出したが、その後は、新日本製鐵、東京電力、トヨタ自動車の経団連御三家の時代が続いた。

 西室は東芝からの3人目の経団連会長になる野望を抱く。そのポストは、経団連の副会長か評議員会議長に就いていて、現役の社長か会長であることが必要条件といわれていた。東芝の歴代社長は任期4年で交代している。唯一、例外なのは西室の後任社長として2000年に就任した岡村正だけで、5年社長をやった。

 01年から経団連副会長を務めていた西室は、東芝の相談役に退けば次期経団連会長候補の資格を失う。これを嫌って岡村を社長に留任させたから、こうなった。財界総理になりたいという思いが東芝のトップ人事を停滞させた。それでも、西室は経団連会長になれなかった。主要財界人のなかに西室を推す人がいなかったからである。

 東芝の歴代トップは財界総理病に蝕まれていた。西田厚聰の経団連会長への執念は、西室に引けをとらなかった。10年の“ポスト御手洗冨士夫”の経団連会長選びで、東芝会長の西田は最有力候補だった。御手洗も西田を後継に考えていた。

 だが、岡村が日本商工会議所の会頭の椅子に座っていたため、西田は涙を呑んだ。2つ以上の経済団体のトップの座を1つの企業の出身者が独占しない、という不文律が財界にあるからだ。

東芝を殺したA級戦犯の経営者たち…権力欲と名誉欲乱れる抗争の成れの果てのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、日本郵政東芝西室泰三の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!