NEW

佐川急便、今月に上場で億万長者社員が続出か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SGホールディングスおよび佐川急便本社(「Wikipedia」より)

 宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)は、12月13日に東京証券取引所第一部へ新規上場する。上場時の株式売り出し価格の幅を示す仮条件は、1株当たり1540~1620円に決まった。12月4日に、正式に売り出し価格を決定する。

 上場承認時の想定売り出し価格は1580円。発行済み株式の22%に当たる7158万株を売り出し、需要に応じて719万株を追加販売する。単純計算で時価総額はおよそ5000億円。2017年の新規株式公開(IPO)としては最大規模となる。

 1680~1900円(想定価格比+6.3~20.3%)と、売り出し価格を上回る初値を形成するとみられている。

 16年のIPO銘柄では、7月15日に上場した無料対話アプリのLINEが初値で時価総額が1兆289億円となり、1兆円を超えた。九州旅客鉄道(JR九州、10月25上場)の初値に基づく時価総額は4960億円。SGHDはJR九州に並ぶ規模となるだろう。

 陸運業界ではヤマトホールディングス(8915億円=11月28日終値)、日本通運(6706億円=同)に次ぐ業界3番手の上場会社が誕生する。

 東証に提出した「新規上場申請のための有価証券報告書」でSGHDの株主構成が明らかになった。資本金は118億8290万円。筆頭株主はSGホールディングスグループ持株会で、27.03%を保有。2位が創業家である佐川家の資産管理会社の新生興産で11.83%。3位が公益財団法人佐川美術館の7.56%。4位が創業家一族で会長の栗和田榮一氏の5.00%。5位が三菱東京UFJ銀行の4.67%(17年3月期末時点)。

 従業員持株会が断トツの大株主だ。従業員にとって佐川急便は「おらが会社」なのだ。所有株式数は8654万株。想定価格1580円で計算すると従業員持株会は1367億円の株式資産を保有する。

 リクルートホールディングスが14年10月16日に上場した時、初値で計算した時価総額は1兆8200億円となり、1998年のNTTドコモ以来の大型上場となった。最大の株主は「リクルートグループ社員持株会」。株式公開で億万長者が続出し、大きな話題となった。SGHDの上場でも億万長者の従業員が誕生することになるとみられる。

佐川急便、今月に上場で億万長者社員が続出かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、SGホールディングスヤマトホールディングス佐川急便日本通運日立物流の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!