NEW

【F1・グリッドガール廃止】レースクイーン廃止議論と「外圧」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 世界最高峰の自動車レースであるフォーミュラ1(以下、F1)が1月31日、2018年シーズンからグリッドガールを廃止する方針を明らかにし、大きな波紋を呼んだ。

 グリッドガールとは、レーサー名や番号が書かれた札を持ち、グリッド(=各車両の配置場所)に立つ女性のこと。日本におけるレースクイーンと混同してしまうかもしれないが、レースクイーンは各レースチームが雇うのに対し、グリッドガールはレースの主催者が雇っている。

 レース場を華やかに彩るという役割はどちらも共通しているにせよ、グリッドガールの場合は、必ずしもセクシーなイメージが先行するわけではなかった。レース開催国の民族衣装に身を包み、その国の文化を観客たちに伝える存在でもあったからだ。

 そんなグリッドガールの廃止を決めた理由についてF1は「現代の社会常識に合わなくなったため」と説明。「グリッドガールは女性蔑視だ」と非難する意見が、F1には以前から数多く寄せられていたようなのである。

 代わりにF1は、自動車レースに携わっている子どもたちのなかから選ばれた“グリッドキッズ”を導入すると発表したが、世間はそれほど歓迎ムードではないようだ。グリッドガールを目の保養にしていたF1ファンたちはもちろん反発するだろうし、自ら望んでグリッドガールを務めていた女性たちからすれば、自慢の職業を一方的に奪われてしまったも同然で、そう簡単に納得できるものではないだろう。

 今回のF1の判断は、果たして妥当だったのか。外車事情などに詳しいカージャーナリストの伊達軍曹氏に話を聞いた。

【F1・グリッドガール廃止】レースクイーン廃止議論と「外圧」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、F1グリッドガールホンダレースクイーンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事