NEW

ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納者に「法的措置とる」と督促…ブラックリスト入りは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ZOZOTOWNのツケ払い(「ZOZOZTOWN HP」より)

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは2016年11月に、商品の支払いを最大で2カ月遅らせることができる「ツケ払い」を開始した。

 サービス開始当初から、支払い能力の低い未成年などの消費者による「買いすぎ」や「滞納」を引き起こすのではないかと指摘されていたが、実際に支払いを滞納し続けた結果、「法的措置をとる」と督促された消費者が出てきていると話題になっている。

 ZOZOTOWNといえば、17年11月22日に全身の採寸を瞬時にできるボディスーツ「ZOZOSUIT」を発表し、今年1月31日にはZOZOSUITによる採寸データを利用したオーダーメイドのプライベートブランド「ZOZO」を発売、2月15日には入力された情報を基に独自アルゴリズムで解析し、顧客に最適な商品を定期的に送る「おまかせ定期便」を開始するなど、ファッション業界の風雲児ともいえる存在である。

 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けるZOZOTOWNのサービスだが、気軽に利用できるがゆえに「2カ月後に払えばいいや」と深く考えずにツケ払いを利用した結果、支払いに苦しむ消費者を生む皮肉な結果となっている。

 ツケ払いの裏に隠れたリスクは果たしてどのようなものなのだろうか。ツケ払いの問題点や危険性について、ベリーベスト法律事務所の川﨑公司弁護士に話を聞いた。

未成年が気軽に使えてしまうという大きな問題点

「『ツケ払い』という呼称によるイメージで、ZOZOTOWNが支払いを待ってくれているような印象がありますが、まずその認識が間違っているのです。実際には、ZOZOTOWNからGMOペイメントサービスという後払い決済サービスを行っている企業へ、個人情報と代金の債権を譲渡するかたちになっています。つまり、ZOZOTOWN で買い物をする際にGMOペイメントサービスからお金を借りるといったほうが近いでしょう。

 問題点としては、やはり未成年者が安易に使えてしまうことが挙げられます。一般的な分割払いなどはクレジットカードを持っていないと利用できないので、未成年者はそもそも利用できないことが多い。しかし、ZOZOTOWNのツケ払いは未成年であっても簡単に注文でき、しかも2カ月支払いを延ばせるので、よくわからず使ってしまう人も少なくないと思います。

 もちろん、『保護者の同意を得て利用するように』といった注意書きは記されていますが、これだけインターネットやスマートフォンが普及している以上、注意書きを無視して利用する人も多いのではないでしょうか」(川﨑弁護士)

ZOZOTOWN「ツケ払い」滞納者に「法的措置とる」と督促…ブラックリスト入りは?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ZOZOTOWNツケ払いブラックリスト滞納の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事