NEW

全国から福岡市へ人も企業も大移動しているワケ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開業率はナンバー1(「福岡市 HP」より)

 3月下旬、国土交通省が2018年1月1日時点の公示地価を発表した。東京、大阪、名古屋の三大都市圏以外の地方圏で、商業地が前年比プラス0.5%と26年ぶりに上昇したこと、訪日客のリゾート関連需要の高まりで、ニセコを抱える北海道倶知安町が商業地のトップ(35.6%上昇)となったことなどがニュースになった。

 そのなかで見落とせないのが、中核的な4市(札幌、仙台、広島、福岡)の地価上昇だ。三大都市圏の商業地の上昇率が3.9%だったのに対し、4市は7.9%の大幅上昇となった。再開発や外国人旅行者向けのホテル建設などが活発化していることが要因だ。

 4市のなかでも注目を浴びているのが福岡市だ。同市は、24年までに一等地・天神地区の民間ビル30棟を建て替えるプロジェクト「天神ビッグバン」を推進中。この数年、オフィス街の再開発や、ホテル建設ラッシュがすごい勢いで進行している。17年以降の計画では、25棟のホテルがオープンするという。

 3月下旬には、天神地区の西側にある小学校跡地の再開発事業計画で、市が積水ハウスや西日本鉄道などでつくる企業グループを優先交渉権者に選定した。同グループは、跡地北側にオフィスやホテルが入る24階建てビルを、西側に国際企業向けの住居や公民館、保育施設などが入る18階建てビルを配置する提案をした。また、高級ホテル「ザ・リッツカールトン」が進出する予定で、22年12月の開業を見込んでいる。

 活況を呈するホテル業界だが、その一方で、客室清掃スタッフが不足するといった事態まで起きているほど人手不足だ。

全国から福岡市へ人も企業も大移動しているワケのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アジアゲートウェイ人口増加福岡市移転企業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!