NEW

日大・内田前監督、「名監督」「次期理事長」の名誉欲しさに反則指示か…アメフト関係者語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見を行う日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督(写真:日刊現代/アフロ)
 依然として収束する気配が見えない日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題において、もっともはっきりしない点はなんだろうか。それは、練習を積み重ねて昨年の甲子園ボウル(全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦)で関西学院大学を破って栄光をつかんだ日大が、なぜ今年は相手の選手をつぶすようなアンフェアな手段を選んだのかということだ。


 日大アメフト部の「フェニックス」は、徹底したスパルタ練習で選手を鍛え上げた故・篠竹幹夫監督時代の1960~80年代に黄金期を迎えるなど、大学アメフト界きっての名門チームであった。しかし、90年の甲子園ボウル優勝を最後に低迷したのは、批判を浴びた「スパルタ練習が時代にそぐわない」という事情も一因とされる。

 2003年に篠竹監督が定年退職した後、コーチだった内田正人氏が監督に就任する。内田政権において長らく全国制覇には手が届かなかったが、昨年、関学大を倒して27年ぶりに甲子園ボウル優勝を果たした。昨年はフェアプレーで悲願の大学日本一になったのに、なぜ今年は暴挙に及んだのか。

連覇のためには手段を選ばなかった内田前監督


「昨年は徹底的なスパルタ練習を行い成功しましたが、おそらく『今年はそれだけでは勝てない』という思いがあったのだと思います」と語るのは、某大学のアメフト関係者だ。

「昨年の甲子園ボウルでは日大が勝ちましたが、スコアは23対17という僅差であり、力量の圧倒的な差を証明するものではありませんでした。流れひとつで負けてもおかしくない試合でしたし、観ている私もそう感じました。

 これまで日大は甲子園ボウルで21回の優勝経験があり、過去には5連覇を筆頭に4連覇や3連覇も成し遂げています。しかし、07~14年の間に両チームは甲子園ボウルで4回対戦して、すべて関学大が勝っています。私が見る限り、今年は日大と関学大の力はイーブンで、どちらが勝ってもおかしくない状況でした」(前出のアメフト関係者)

 一度、優勝に返り咲いたぐらいでは復活とは認めてもらえない――それほどの名門チームが日大であったといえる。加えて、その前にはあと一歩のところで関学大に苦渋をなめさせられてきた経緯がある。そのため、内田前監督は「連覇は絶対条件」と考えたのかもしれない。

「内田さんにとって、昨年の復活優勝はこの上ないほど甘美なものだったはずです。なにしろ、27年ぶりの悲願を達成したわけですから。まわりの日大関係者からどれほど喜ばれ、持ち上げられたことでしょう。おそらく、“人生最高の成功体験”といっても過言ではないと思います。それだけに、どうしても今年は連覇したかったのではないでしょうか。実際、『連覇して初めて名監督だ』という声もあり、それは内田さんも感じていたはずです。

 連覇のためには関学大を倒さなければなりませんが、関学大を倒すには『昨年と同じスパルタ練習ではダメだ』と感じていたはずです。そして、関学大の司令塔であるクオーターバックにケガをさせるのがもっとも近道と考えたのでしょう」(同)

日大・内田前監督、「名監督」「次期理事長」の名誉欲しさに反則指示か…アメフト関係者語るのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、アメリカンフットボール内田正人日本大学甲子園ボウル関西学院大学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!