NEW

エアスピネルの「マイル王襲名」に待った!東京新聞杯(G3)は、あらゆる条件が好転するヤングマンパワーが巻き返しへ勝負気配!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yangumanpawa-.jpg
ヤングマンパワー(JBISサーチ公式サイトより)

 年明けの京都金杯(G3)を勝利し、意気揚々と東上するエアスピネルが主役となる5日の東京新聞杯(G3)。

 京都金杯に続いて1番人気が予想されるが、そんな新マイル王候補に「待った」を掛ける馬がいるとすれば、マイル重賞3勝の実績を誇るヤングマンパワー(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)に他ならないだろう。

 前走のマイルCS(G1)は3歳春のNHKマイルC以来のG1挑戦となったが、本来の力をまったく発揮できずに16着に大敗。3連勝中で満を持しての参戦であったために、この馬の底を見せてしまったような格好になったが、陣営に思ったよりも悲観の色はないようだ。

「前走は久しぶりの右回りに躊躇するようなところがあったし、鞍上もテン乗りだったから」と手塚調教師は東京スポーツの取材に、明確な敗因があったことを強調。確かにマイルCSに挑む近4走はすべて左回りのマイル戦を使っていただけに、その影響は小さくないだろう。

 先約の関係で主戦の戸崎圭太騎手が騎乗できなかったことも痛かった。スタートでやや立ち遅れると、これまでになく後ろからの競馬となり、持ち味のしぶとさをまったく活かすことができなかったようだ。

 また、ヤングマンパワーが関西圏に遠征したのは3歳春のアーリントンC(G3)以来だった。前走時-12㎏という馬体重は、数字上大きな問題はなかったようだが、コンディションに微妙な影響を与えたのかもしれない。

 しかし、今回はそういったすべての条件が「好転」する一戦だ。

 3戦3勝と相性の良い戸崎騎手に戻り、地元の東京でのレース。陣営が「左回りのマイルがベスト」と語る様に、東京のマイル戦は富士S(G3)勝ちのある舞台だ。これだけ条件が揃ってエアスピネルを迎え撃てるのは、陣営にとっても大きい。ここは勝って、3連勝時の勢いを取り戻したいところだろう。

エアスピネルの「マイル王襲名」に待った!東京新聞杯(G3)は、あらゆる条件が好転するヤングマンパワーが巻き返しへ勝負気配!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネルヤングマンパワー東京新聞杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!