NEW

韓国バレー選手「日本ブランド隠し」出場にドン引き? 乱闘に慰安婦問題、政治を持ち込む韓国スポーツの愚

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
soccer.jpg

 バレーボール女子韓国代表チームの主将キム・ヨンギョンが、日本のスポーツブランドのシューズのロゴに「大韓独立万歳」と手書きされたテープを貼って、15日の第19回バレーボールアジア女子選手権大会(フィリピン)に出場していたことがわかった。

 15日は日本による植民地支配から解放されたことを祝う「光復節」だったようで、それで日本のマークを消したとのことだ。考え方は個人の自由だが、それをする意味がどこまであるのかという声も多い。

「キム選手はスポーツブランドとスポンサー契約を結んでいたようで、隠すことは事前に伝えていたようです。ただ『なら最初から契約結ぶなよ......』という声が出るのも自然ですね。

あからさまに日本を否定するような雰囲気を感じる人が多いのも仕方がありません。よくスポンサーが了解したな、なんて意見までありますよ」(記者)

 感情的な観点でいえばこうした意見が出るのも通常だろう。日韓関係はいつの時代もデリケートということだ。

 ただ、政治や歴史認識をスポーツの場で示す点は、やはり疑問を感じずにはいられないところだろう。

韓国バレー選手「日本ブランド隠し」出場にドン引き? 乱闘に慰安婦問題、政治を持ち込む韓国スポーツの愚のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、スポーツ日本韓国の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!