NEW

武豊ダンビュライト「菊花賞出走」OK! 悲願のG1制覇へ、騎手の腕が問われる「淀の長丁場」で"ユタカマジック"に期待

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊ダンビュライト「菊花賞出走」OK! 悲願のG1制覇へ、騎手の腕が問われる「淀の長丁場」でユタカマジックに期待の画像1

 9日、今月22日に京都競馬場で開催される第78回菊花賞(G1)の登録メンバーが、JRAの公式ホームページで発表された。

 今年は日本ダービー(G1)を勝ったレイデオロがトライアルの神戸新聞杯(G2)でも力の差を見せつけたものの、菊花賞を回避してジャパンC(G1)での古馬挑戦を発表。もう1頭のクラシックホースとなる皐月賞馬のアルアインがセントライト記念(G2)で敗れたこともあって、大混戦が予想されている。

 登録馬は合計24頭。菊花賞が11年連続でフルゲートということもあり、今年も18頭で最後の一冠が争われることになりそうだ。

 その中でも特に注目されていたのが、皐月賞3着馬のダンビュライト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)の動向だった。

 2歳秋のサウジアラビアRC(G3)で2着するなど、早くから頭角を現していた本馬だったが、その後も弥生賞(G2)3着や皐月賞でも力を見せるものの、なかなか賞金を加算できずに苦しんでいる。

 この秋、陣営が「出走権確保」に強い意欲を示していた前走の神戸新聞杯では、自己ベストを連発するなど本番モードに近い仕上げで挑み、最後の直線で一端は先頭に立ったものの後続に強襲を許しての4着。まるで測ったかのようにスルリと優先出走権を逃し、菊花賞出走が危ぶまれていた。

武豊ダンビュライト「菊花賞出走」OK! 悲願のG1制覇へ、騎手の腕が問われる「淀の長丁場」で"ユタカマジック"に期待のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ダンビュライト武豊菊花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!