NEW

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婦人公論」は今年100周年を迎えた伝統ある女性誌で、本年1月には100周年記念号を発刊している。6月14日号はその100周年記念号に匹敵する記録的な発行部数となる見込みだ。発行元の中央公論新社には問い合わせの電話が相次いでいるといい、まだ数字が伸びる可能性がある。

 今回の増刷について横山恵子編集長は「今回の記録的な売れ行きは瀬戸内先生と小保方さんの対談が実現した結果。お二人には大変感謝している」と同社編集総務部を通じてコメントしている。
(文=田中緑/ジャーナリスト)

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事