NEW

「便利で安い」アイリスオーヤマ、誰も知らない究極の同族経営…町工場から年商5億円へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイリスオーヤマ本社(「wikipedia」より)

 アイリスオーヤマは、約50年にわたって社長を務めてきた大山健太郎氏が6月30日付で退任する。後任には大山氏の長男で取締役・大山晃弘氏が昇格し、健太郎氏は代表権のある会長に就く。過去最高の業績を花道に、長男への禅譲である。

 アイリスは未上場企業のため財務内容は公開していない。公表されている決算概略によると、2017年12月期の単体売上高は前期比16%増の1420億円で過去最高。経常利益は23%増の136億円で2年連続の増収増益だった。

 家電と発光ダイオード(LED)照明事業が牽引し、売上高の46%を占めた。家電は9機種をそろえる炊飯器が好調だったという。

 国内外のグループ25社の総売上高は前期比21%増の4200億円。単体と同様に過去最高を更新。経常利益は18%増の273億円だった。18年12月期の目標売上高は単体で1800億円、グループでは5000億円に置いている。

 ホームセンターなどで売られているプラスチック収納容器やペット向けの商品が主力だったが、今やれっきとした家電メーカーとなった。

 11年に家電の自社開発に乗り出した。パナソニックやシャープを退職した技術者が開発部門を担う。2口型のIHコンロや人感センサー付きLED電球などを次々にヒットさせた。15年12月に発売した「両面ホットプレート」は、折りたたんで収納ができる利便性が受け、生産が追いつかない状況だった。

 大山社長は家電事業について、こう語っている。

「同等機能の他社製品は20万~30万円のものもあり、単身者は買わないだろう。消費者が商品を選ぶ時は、機能と同じく価格を重視する。他社の多くは原価ありきで、そこに機能や流通コストを上乗せして販売価格を設定している。当社は売価を先に決めて過剰な機能を引き算する。安物を作っているのではない。根本的な考え方が違う」(17年6月4日付日刊工業新聞より)

「便利で安い」アイリスオーヤマ、誰も知らない究極の同族経営…町工場から年商5億円へのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、LED照明アイリスオーヤマパナソニックの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事