NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

羽田空港アクセス新線の全貌…東京駅と直通18分、他主要駅も多数直通でモノレール危機?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京モノレール羽田空港線(「Wikipedia」より/Cassiopeia sweet)

 羽田空港は2017(平成29)年の1年間に8540万8975人、1日平均23万3997人の利用者でにぎわい、開港以来最多を記録した。国際空港評議会(ACI)が発表した空港ランキングによると、羽田空港の利用者数はアトランタ(米国)、北京(中国)、ドバイ(アラブ首長国連邦)の各空港に次いで4位に付け、2016年の5位から順位をひとつ上げたという。
 
 世界的にも重要な空港である羽田空港には京浜急行電鉄の空港線、東京モノレールの東京モノレール羽田空港線の2つの鉄道が乗り入れる。2012(平成24)年度に両路線が羽田空港に設置している各駅で乗り降りした人の数は合わせて5400万977人、1日平均14万7544人だ(両線とも国内線ターミナル内の駅と国際線ターミナル内の駅との間の相互利用者を除く)。内訳は京浜急行電鉄が3008万9874人(1日平均8万2213人)、東京モノレールが2391万1103人(同6万5331人)で、シェアは前者が55.7パーセント、後者が44.3パーセントである。なお、いま挙げた利用者数には送迎者や空港に勤務している人たちの数も含まれていると考えられるが、空港利用者の過半数が利用している点はまず間違いない。2つの鉄道は羽田空港へのアクセスに欠かせない交通機関だといえる。

 頼みの綱とはいうものの、京浜急行電鉄、東京モノレールとも羽田空港の利用者にとっては不満が募る存在であることもまた確かだ。都心側のターミナルは前者が品川駅、後者がモノレール浜松町駅で、決定的に不便とまではいわずとも、東京の都心である東京駅や最大の副都心である新宿駅との間で乗換なしで行き来できないという課題は残されている。

 そのようななか、JR東日本は2018(平成30)年7月3日に「変革2027」と銘打ち、同社グループの長期経営計画を発表した。ここで注目を浴びたのは「羽田空港アクセス線構想の推進」と題した新たな鉄道の計画だ。

 羽田空港アクセス線とは、同社の東海道線の浜松町駅から分岐する東海道線の貨物支線と新たに建設する線路とを組み合わせた路線を指す。具体的にいうと、浜松町駅から田町駅付近を経て品川区八潮三丁目にある貨物駅の東京貨物ターミナル駅との間の7.1kmは既存の貨物支線を旅客列車が走行できるように改築し、東京貨物ターミナル駅からは羽田空港の国内線ターミナル内に設置される羽田空港新駅(仮称)を経て羽田空港国際線ターミナル駅へと至る約8.1km(地図上での筆者の計測)は新たな線路を敷くことによって誕生する約15.2kmの鉄道である。

羽田空港アクセス新線の全貌…東京駅と直通18分、他主要駅も多数直通でモノレール危機?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、JR東日本は京浜急行電鉄羽田空港アクセス線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事