NEW

ストライプインターナショナルが上場できない「別の理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「earth music&ecology」公式サイトより

 カジュアル専門店チェーンのストライプインターナショナルは8月1日付で、三越伊勢丹ホールディングス元社長で日本空港ビルデング副社長の大西洋氏を社外取締役に迎えた。

 大西氏の就任によりストライプの社外取締役は、ソニーの元最高経営責任者(CEO)の出井伸之氏、資生堂の元副社長の岩田喜美枝氏と合わせて3人となった。延期が続いている株式上場に向け、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化につなげたい考えだ。

 2016年3月、社名をクロスカンパニーからストライプインターナショナルに変更。同年内の東京証券取引所上場を目指していた。

 だが、若い女性に人気の「アースミュージック&エコロジー」だけに依存した経営体質を変え、土台づくりを優先させるとして上場を延期。国内外で積極的なM&A(合併・買収)を進めてきた。

 創業者の石川康晴社長兼CEOはM&A案件が一段落した後、「第4世代テックアパレル」を宣言した。ユニクロやZARAのようなグローバルSPA(製造小売り)が第3世代アパレルだとすれば、第4世代アパレルはITを駆使したプラットフォーム事業を加えた新しいビジネスモデルだ。「第4世代テックアパレル企業として18年11月をめどに上場したい」と公言していた。ところが、これも延期した。

 石川氏が流通専門誌「販売革新」(商業界)の18年5月10日付インタビュー記事で、再度の延期を明らかにした。

「上場延期を決めた理由について、ソフトバンクと合弁で今年2月にスタートしたインターネット通販モール『ストライプデパートメント』が立ち上げ直後で不安定なこと、グローバル戦略の鍵を握る中国事業が赤字であることを挙げた」

 ストライプは18年2月、ソフトバンクと連携し、ファッションEC(電子商取引)モール「ストライプデパートメント」を開業した。資本金は4億4000万円でストライプが77.8%、ソフトバンクが22.2%を出資。国内のウィメンズブランドを中心にスタートし、海外のブランドを次々と導入した。

 6月、米国の「マークジェイコブス」を皮切りに、7月にはフランスの「ニナリッチ」、8月にイタリアの「ディースクエアード」の販売を始めた。フランスの「エムエム6メゾン マルジェラ」も19年春夏物から販売スタートし始める。

ストライプインターナショナルが上場できない「別の理由」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ZARAZOZOTOWNアースミュージック&エコロジーユニクロの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!