NEW

なぜソニー「PS Vita」は爆死したのか?“必然だった”ニンテンドー3DSへの惨敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー「PS Vita」(「Wikipedia」より/Benlisquare)

 2011年12月に発売され、コアゲーマーなどから支持を集めていたソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)のPlayStation Vita(以下、PS Vita)について、日本国内での出荷を2019年で終了し、後継機の発売予定もないという報道が流れ、ゲームファンの間で大きな衝撃が広がっている。

 5インチの有機ELディスプレイ、前面のタッチスクリーンと背面のタッチパッド、960×544ドットの高解像度、鮮やかな発色などをウリとし、ゲームファンからは“PS3並みの美麗グラフィックのゲームを持ち歩ける”と重宝されていたPS Vita。SIEのハイスペック携帯ゲーム機だったが、実はすでに海外での出荷は終了していたため、以前から日本での出荷終了の時期も近いのではと悲観的予測がされていたのだ。

 しかも後継機の発売予定がないというのも真実であれば、SIEが事実上、携帯ゲーム機から撤退を決めたということでもある。それはつまり、前身機であったPlayStation Portable(以下、PSP)から続くソニーグループの携帯ゲーム機の系譜が途切れることになるのだが、それほどまでにPS Vitaは不調だったのだろうか。

『教養としてのゲーム史』(ちくま新書)など、多数のゲーム関連著書を持つライターの多根清史氏に話を聞いた。

発売当初から負け戦だった理由、スマホゲームに勝てない理由


「ズバリ言うと、PS Vitaは発売当初から勝ち目の薄いハードでした。というのも、PS Vita はPSPの後継機として発売されたわけですが、PSPがまだパフォーマンス不足とは思われていなかった時期でしたし、スペックを向上させたハードを発売しても勝算は少ないだろうという気はしていました。要するに、戦略性を感じられなかったのです。

 ですが、それ以上にPS Vitaが苦戦した最大の理由は、キラータイトルが最初から最後までなかった、ということに尽きるでしょう。『モンスターハンター』(以下、モンハン)シリーズの出ないPS系携帯ゲーム機に、なんの魅力があるのかというほど、モンハンシリーズがニンテンドー3DSに乗り換えたことは大事件でした。これが一番の敗因と断言して間違いないです」(多根氏)

なぜソニー「PS Vita」は爆死したのか?“必然だった”ニンテンドー3DSへの惨敗のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、PlayStation Vitaソニー・インタラクティブエンタテインメントニンテンドー3DSの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事