NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第4回

『マスカレード・ホテル』木村拓哉のギャラは1千万円? 映画製作、カネ勘定の“カラクリ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 2018年に社会現象にもなった映画『カメラを止めるな!』(アスミック・エース、ENBUゼミナール)、観た方も多いのではないのでしょうか。たった300万円の製作費に対して30億円の興行収入を叩き出した大ヒット映画にもかかわらず、映像監督役を演じた主演の濱津隆之さんの出演料が0円だったというエピソードが話題になっていましたよね。本人がバラエティー番組で明かしていたのですが、もともと監督&俳優養成スクールのワークショップが発展したプロジェクトだったため、濱津さんをはじめとするメインキャストのほとんどはノーギャラだったそうです。

 これは低予算のインディーズ映画が口コミで大ヒットに発展したレアなケースなのですが、実際のところ、映画のギャラっていったいどんなふうになっているのか気になりますよね? 今回は映画にまつわるおカネについてお話ししていきたいと思います。

 前回お話ししたように、テレビドラマのギャラは俳優それぞれ“なんとなく”の相場が決まっているのですが、映画の場合は作品の規模によってピンキリ。芸能事務所やマネージャーの方針でも交渉の仕方が全然違っていて、「○○監督にはいつもお世話になっているから○○円くらいでいいですよ」というやり方をするマネージャーもいるし、「うちの○○は○○円以下では出演させません!」と絶対に出演料を値切らせない事務所もある。事務所の方針で、ある程度の規模感とギャラがある作品にしか出ない人は、メジャー系の映画ばかりで、単館系の映画には絶対出てこないですね。

 ただ、事務所を移籍したりして担当のマネージャーが替わると、「ギャラは少ないけど、脚本がいいからこの作品は出たほうがよさそう」なんて考え方になることもある。マネージャーによる部分が大きいですね。

 だから具体的な金額を出すのはなかなか難しいんだけど、ざっくりいうと、超大作映画の主役で1本(1作品)1000万円もらえれば一流、というところですかね……。

 これは映画もドラマも同じなんだけど、制作予算が最初に決まってるから、そこから逆算していくとわかりやすいんです。

『マスカレード・ホテル』木村拓哉のギャラは1千万円? 映画製作、カネ勘定の“カラクリ”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事