NEW

話題沸騰「アイコス」“弱点すべて改善”の新モデル、たばこ業界を蘇らせる衝撃度

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイコス3(「アイコス HP」より)

 昨年の11月15日、フィリップ・モリス・インターナショナルは、加熱式たばこ「アイコス」の新モデルの発売を開始した。

 その1カ月前、10月に行われた発表会に登壇した同社のアンドレ・カランザポラスCEOは、「我々の製品に弱点があることは認識していた。今回のリニューアルでほとんどの部分を改善できたと思っている」と自信をのぞかせていたが、はたしてどうだろうか。

 新モデルは2種。「アイコス3」(税込1万980円)は、デザインをコンパクトに刷新し、従来型では1本吸うごとに4分超必要だった充電時間を、3分30秒に縮めたということがウリ。そして「アイコス3 マルチ」(同8980円)は、専用タバコの加熱部分とバッテリーを一体化したことで、本体が大きめになってはいるものの、充電なしで10本連続で吸うことができるというのがウリだ。

 国内の紙巻きたばこ市場は、2017年には1514億本となり、ピークだった1996年から6割縮小したといわれている。加熱式たばこは、そんな縮小著しい紙巻きたばこの売上を補うための、たばこメーカーの頼みの綱といっていいだろう。

 ここ数年で爆発的に規模を拡大している加熱式たばこ市場は、2017年には6000億円にも上るという。また、その市場規模は16年の2.8倍になったといわれている。しかし、一部からは「市場が成熟した」との声が上がるほど、現在ではその勢いに陰りが見えているようだ。

 実際、18年に入ってからというもの、加熱式たばこ市場の成長は明らかに鈍化していたようで、成長率が1桁に落ち込むとの予想も出ていた。こういった状況のなか、業界シェアトップとはいえ安泰ではない「アイコス」から、市場の起爆剤と期待される新モデルが発売されたという流れである。

 現在の加熱式たばこ業界は、実際のところどうなっているのか。また、これからの市場はどうなっていくのだろうか。同業界に詳しい、経営戦略コンサルタントで百年コンサルティング代表取締役の鈴木貴博氏に話を聞いた。

加熱式たばこ普及を阻む「キャズム」とは?


 まず、鈴木氏に現在のたばこ業界と、市場について整理してもらった。

「まず前提として知っておいていただきたいのは、現在のたばこ業界は国内市場ではなく、海外市場に発展の先を求めているということ。JT(日本たばこ産業)の動向を追うとわかりやすいですが、海外のたばこ会社を買収して、企業としての成長を目指しています。日本を含めた先進国よりも、途上国や新興国で稼いでいるビジネスモデルといえるでしょう。

 とはいえ、国内のユーザーももちろん重要ですし、ないがしろにすることはできません。喫煙者がどんどん肩身がせまい社会になっているなかで、加熱式たばこという新しいジャンルで、なんとか今のユーザーを引き留めようというのが、業界全体の共通した考えだと思います」(鈴木氏)

話題沸騰「アイコス」“弱点すべて改善”の新モデル、たばこ業界を蘇らせる衝撃度のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JTアイコスフィリップ・モリスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合