NEW

スタバ開業にコンビニコーヒー…コーヒー消費量激増と「平成」、「レトロ」だけの店は潰れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バリスタトレーナーの阪本義治氏(右)

 まもなく新しい元号が決まるが、「平成時代」はコーヒー業界・カフェ業界に、革新が起きた時代だった。喫茶店の数は半減したが、コンビニコーヒーが一大勢力となり、カラオケボックスや自動販売機など、いたるところでコーヒーは必需品となった。最高級のコーヒーを扱う新たな職種も生まれた。本稿の前半は「業界」、後半は「個人」に焦点を当てて、さまざまな「コーヒー最前線」を紹介しよう。

消費者意識が変わり、コーヒー輸入量も拡大

 まず紹介したいのは、コーヒーに対する意識の違いだ。昭和時代までのコーヒーには、「飲むと胃が荒れる」といったネガティブイメージも強かった。だが現在は「生活習慣病の予防につながる」など健康機能性も次々に報告され、ポジティブな飲み物となった。とはいえ、個人差やマイナス面もあるので、摂取には注意していただきたい。

 女性がここまでコーヒーを飲むようになったのも、平成時代の特徴だ。これには「女性の社会進出」(平成元年は「男女雇用機会均等法」の4期生)、「スターバックス」の人気(平成8年に日本1号店が開業)、「カフェブーム」(平成12年頃に起きた)などの複合要因がある。その結果、男性が好む飲み物から、誰もが親しむ飲み物となった。

 こうした時代性の風にも乗り、コーヒーの消費量は拡大した。比較しやすいコーヒー輸入量「生豆換算」で見ると、1990年は「32万4841トン」 だったが、 2017年には「45万8961トン」となり、約30年で1.4倍、約13万4000トンも増えた(出所:総務省統計を基にした全日本コーヒー協会のデータ)。「デカフェ」のようなカフェイン抜きのコーヒーも増えて、消費者の嗜好は多様化した。

「スペシャルティコーヒー」を扱う職人と指導者

指導する阪本氏

 そもそもコーヒーは「3たて」と呼ぶ、「炒りたて・挽きたて・淹れたて」が一番おいしいといわれる。これを全自動の機械で実現したのが、セブン-イレブンに代表される「コンビニコーヒー」で、市場規模は2000億円を突破した。これら100円前後のコーヒーで使用する豆は「スタンダードクラス」という高くない豆だが、焙煎や抽出を工夫することで一定の味を実現した。

 これに対して、収穫量全体の3%程度しかない高品質なコーヒーを「スペシャルティコーヒー」と呼ぶ。甘さや酸味、口に含んだ時の質感など、コーヒーの味を体系化した指標も定められ、2003年には日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が発足した。コーヒーの淹れ方などの技術を持つ職人は「バリスタ」と呼ばれるようになり、国内でSCAJが運営するバリスタ競技会も盛んになった。国内大会の優勝者は世界大会に出場し、日本は強豪国のひとつだ。

指導する阪本氏

 そうしたバリスタを指導するコーチは「バリスタトレーナー」ともいわれる。阪本義治氏(アクトコーヒープランニング代表取締役)はバリスタトレーナー・コーヒーコンサルタントとして多彩な活動を行う第一人者だ。昨年10月12日付当サイト記事『全自動コーヒー抽出器「FURUMAI」が密かにブーム…有名バリスタたちのノウハウ凝縮』でも取り上げたが、今回は同氏の活動を通じて、特別なコーヒーの一端も紹介したい。

スタバ開業にコンビニコーヒー…コーヒー消費量激増と「平成」、「レトロ」だけの店は潰れるのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、コンビニコーヒースターバックスセブン-イレブンデカフェの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事