NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

東京・墨田区「玉の井」を歩くのは面白い…街がどことなく“色っぽい”理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 玉の井といえば永井荷風で、散歩好きなら必ず訪れる街だ。
 
 大正時代に東京を近代都市に変貌させるための都市計画が進められると、浅草の浅草寺などの裏のほうにあった銘酒屋(めいしや)と呼ばれる私娼窟を撤去する方針が出された。銘酒屋は名前は酒を飲ませる店だが、それは名目で、店の2階で売春をしたのだ。1915年の警視庁の調べでは、東京市内に92カ所の私娼窟があり、2000人の娼婦がいた。そのうち半分が浅草にいたという。
 
 近代都市のほぼ中心部にそのような売春の街があってはならない、という考えから、その銘酒屋が排斥された。そこで次第に銘酒屋は隅田川を渡って向島のさらに東の玉の井に移転した(当時の向島区、現在の墨田区)。折しも1923年、関東大震災があり、移転が加速。玉の井が一大私娼窟となった。1926年の寺島警察署の調べでは、銘酒屋350件、娼婦数653人。33年には娼婦数は2000人に増えていたという。

 それまで特に何もなかった玉の井に、いったい誰が私娼窟をつくったのか。江戸時代には裕福な町人の別荘や妾宅があったというが、あとは農村である。そこに、闇のデベロッパーのような人がいて、浅草に代わる場所を探し、もしかして向島の花街の顔役にも相談し、それで玉の井の地主と話がついて、地主が売春用に店をつくり、そこに売春業者が集団移転し(一部は亀戸にも移転した)、カフェーと名を変えて経営したのだろうかと想像する。が、なにしろ闇の世界の話なので、詳しく事情を書いた資料を読んだことがない(『玉の井』に関するもっとも詳細で圧倒的な資料は、日比福田恆明の『玉の井 色街と社会の暮らし』<自由國民社/2010年>である)。

 戦争が激しくなる1937年になると、玉の井銘酒屋組合長が陸軍省から呼び出され、軍の慰安のために娼婦を集めて中国に行ってもらいたいと要請された。移動と住居と食事の手当は軍がやるが、経営は業者の皆さんが自主的にやるというかたちをとりたいと言われた。組合では53人の娼婦を集め、東京から下関まで汽車で、下関から船で長崎へ行き、長崎から上海に送り出したという。

戦後の玉の井の名残

これが玉の井の路地か!

 たまたま昔一緒に仕事をした男性の実家が玉の井のいろは通りにあったという話を最近になって聞き、その男性のお母さんにも同行していただき、1月に玉の井を歩いた。今でも少しかつての名残がある玉の井は、いろは通りの西側だが、これは戦後のもの。戦前は東側にあった。それが戦災でほぼ焼けてしまい、戦後いろは通りの西側や、鳩の街、亀戸、立石など別の街に移転した。

 私が玉の井を歩くのは4度目だが、しっかり歩いたのは3度目。最初は2011年で、そのときは戦前の玉の井がここだったと勘違いしていた。だが、玉の井を舞台に小説を書いた吉行淳之介ですら、最初は勘違いしたというから、私ごときが間違うのは仕方ない。

東京・墨田区「玉の井」を歩くのは面白い…街がどことなく“色っぽい”理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事