NEW
平成エンタメ大失敗案件【2】~テレビドラマ編~

土屋太鳳、松岡茉優を生んだ『鈴木先生』も視聴率はふるわず…平成の大爆死ドラマを検証

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 平成は、失敗に対し厳しい時代だった。特にインターネット上では、失敗は何よりの話題のタネであった。かつてはBBSで、その後はSNSで、何か失敗をした人は徹底的に責められ続けた。また、エンターテインメントの世界でビジネス的に大失敗したコンテンツ、大きくコケた企画は、笑われ、貶され、バカにされた。

 現在、メディアには平成をプレイバックする企画が溢れているが、失敗に厳しくなった時代の最後に、ここでは、各ジャンルの「大失敗案件」を、数回に分けてクローズアップしてみたい。今回は第2回・テレビドラマ編である。

 なおここでは、そもそも5%以下の視聴率も珍しくもない深夜枠ドラマは、紹介する対象からあらかじめ省いた。また、視聴率はすべてビデオリサーチ調べ(関東地区)のものとする。

映画化前提は無謀過ぎた? EXILE・AKIRAの主演作

 大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)や『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の低視聴率が話題になるように、インターネットの普及以後、テレビドラマの失敗への人々の関心度はアップしているようだ。そのためか、歴代の低視聴率ドラマをリストアップしたサイトなどもいくつも存在する。まずは、そうした場で話題になりがちな近年の大失敗案件について触れておきたい。

 川口春奈、鈴木砂羽らが出演の『夫のカノジョ』(2013年/TBS系)は、もし、夫の不倫を疑う主婦と、不倫相手と疑われているOLとが入れ替わったら……という設定。この作品、ウラに『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)があったこともあり、初回、第2話が4%台で、以後は最終話である第8話(当初は9話までだった)まで、ほぼ3%台という低空飛行が続いた(平均3.87%)。

 当初11話が予定されていたが8話で終わったのが、『家族のうた』(2012年/フジテレビ系)だ。オダギリジョー演じる元・人気ロックミュージシャンが、困難に立ち向かいながら大切なものを見つけていく……というこの作品、第1話こそ6.1%をとるが、以後は3%台に低迷。第4話では3.1%を記録する(平均3.9%)。

 映画化を前提に企画された『HEAT』(2015年/フジテレビ系)もハズせない。EXILEのAKIRAが主演。解散騒動前の稲垣吾郎が脇に回った。初回の6.6%が最高で、以後はほぼ3%台に下落。第6話では遂に2.8%にまで落ち込んだ。あまりの低視聴率で映画化の中止は、当然の判断だった(平均4.1%)。

土屋太鳳、松岡茉優を生んだ『鈴木先生』も視聴率はふるわず…平成の大爆死ドラマを検証のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、土屋太鳳松岡茉優鈴木先生の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事