NEW
高橋篤史「経済禁忌録」

マスコミで時代の寵児扱いの有名ベンチャーが破産…売上ほぼゼロ、トンデモナイ実態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セブンドリーマーズのHPより

 開発ベンチャーのseven dreamers laboratories(東京都港区、以下、セブンドリーマーズ)が4月23日、東京地裁に破産を申し立て、手続き開始が決定された。負債額は22億5200万円。同社は全自動洗濯物折り畳み機「ランドロイド」を開発していたことで知られ、パナソニックや大和ハウス工業など錚々たる株主が名を連ねた。テレビなどでもたびたび取り上げられていた国内屈指の有名ベンチャーだった。

 セブンドリーマーズを率いた阪根信一氏は1971年生まれ。甲南大学を卒業後、米デラウェア大学に留学、2000年に実父の勇氏が経営する樹脂部品製造会社、アイ.エス.テイ(滋賀県大津市)に入社した。勇氏は住友電気工業を脱サラして起業、材料開発の分野で一定の地歩を築いた人物。その血を受け継ぐ信一氏も起業家精神に溢れていたようで、家業には飽き足らず14年7月にセブンドリーマーズを立ち上げることとなった。

 セブンドリーマーズが手掛けたのはゴルフシャフト、いびき予防の鼻腔チューブ「ナステント」、そして前述したランドロイドの3本柱。とりわけ注目されたのが阪根氏の妻の一言が開発のきっかけになったというランドロイドで、パナソニックや大和ハウスが出資に応じたのもその有望性に着目してのことだった。ほかにもセブンドリーマーズには東京大学系ベンチャーキャピタルや米系投資ファンドKKRの創始者らが期待を寄せ、惜しみなくシードマネーを投じた。資金調達額は設立3年で100億円の大台に達したほどで、これほどカネを集めたベンチャーは国内でそうそう見当たらない。

「彼については学生時代から知っていて、最初はおとなしい人間かと思ったけど、(セブンドリーマーズ立ち上げ後は)違いましたね。どちらかと言うとエキセントリックで下の人間はみんなヒーヒー言ってました。夜中の2時、3時に電話があったりね」

 阪根氏を知る関係者がそう話すように、セブンドリーマーズが3本柱の事業化に急ピッチで取り組んだのは間違いない。経営陣にはソニー子会社で社長を務めた地引剛史氏ら大手企業出身者が居並び、阪根氏を支えた。早くから海外展開を見据え、フランス、米国、中国に現地法人を設立してもいる。

マスコミで時代の寵児扱いの有名ベンチャーが破産…売上ほぼゼロ、トンデモナイ実態のページです。ビジネスジャーナルは、連載、セブンドリーマーズランドロイド破産の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事