NEW

東大医学部生タレント・河野くん、交際女性中絶…「理性欠落」「医師として不適格」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
河野玄斗くんのTwitterより

 6月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、現役東大生タレント・河野玄斗くん(23)の女性スキャンダルを報じている。

 河野くんは現在、東京大学医学部6年生で司法試験にも一発合格した秀才で、テレビ番組『最強の頭脳 日本一決定戦!頭脳王』(日本テレビ)で優勝したことで一躍有名になった。

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト30にも残ったほどの端麗な容姿もあって人気は上昇、昨年8月には著書『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法』(KADOKAWA)も出版され、10万部を売り上げている。

「文春」によれば、河野くんはある女性Aさんと出会ったその日に、避妊せずに性交渉におよんだ結果、Aさんが妊娠。Aさんが河野くんにそれを告げたところ、河野くんから「認知はできるけれども生む(生んでもらう)のは難しい」(「文春」より)と言われ、Aさんは中絶手術をしたという。その後、河野くんには新しい恋人ができ、最後に会おうと約束した日に河野くんから突然「会えない」と連絡があり、さらに河野くんは警察にAさんの保護を依頼。Aさんは「警察署で、河野氏とは『今後は弁護士を通して連絡する』という趣旨の上申書を書かされた」(同)という。

 ちなみに河野くんはAさんから妊娠を告げられたとき、「今はまだ脳が発達していないから生きているものではない」「悲しいとかの感情があるわけじゃない」と口にしたというが、報道を受けてインターネット上などでは以下のような声が上がっている。

「つまり脳が発達していない、悲しいという感情がなければ殺してもいいという考え方。こう言えるのは恐ろしい」
「命の尊さを何も考えていない。こんなやつが主治医になったことを想像すると、ぞっとする」
「人間の心を持っていない」
「理性やら道徳観やらの欠如していて、人として賢いとは思えない」
「その内医者に成って間違えても、間違い無かったって言いきる人だろう。怖い医者になるんでは??出来れば成らないでほしい」
「医者としても人間としても違和感を持つ」

「医師としては不適格」

 今回の報道について、東大経済学部OBの40代男性は語る。

「東大のなかでも医学部というのは別格で、“頭がいい”というレベルでは入れません。あくまで僕の感覚ですが、いい意味で“普通の人間は受からない”という表現が正しいでしょうか。なので、東大生のなかでも医学部生というのは“スゴイ”と認められている存在です。

東大医学部生タレント・河野くん、交際女性中絶…「理性欠落」「医師として不適格」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事