NEW

鳥貴族、1年以上ずっと客離れで閉店ラッシュ…安易な値下げで“ただの総合居酒屋”化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥貴族の店舗(「Wikipedia」より)

 鳥貴族の業績が深刻だ。2018年8月~19年4月期の単独決算は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比65.9%減の3億1000万円だった。不採算店の閉鎖に伴う減損損失を1億7500万円計上していたほか、既存店売上高の低迷で収益性が低下したことが響いた。

 17年10月に実施した値上げで客離れが起きた。それ以降、既存店売上高の低迷が続いている。客数は今年4月と5月こそマイナスにならなかったものの、3月までは16カ月連続でマイナスが続いていた。客単価は値上げ以降上昇が続いていたが、昨年10月からはマイナスに転じている。客単価は今年5月まで8カ月連続でマイナスだ。そして、既存店売上高は5月まで17カ月連続でマイナスとなっている。18年8月~19年4月の累計では、客数が前年同期比5.6%減、既存店売上高が6.2%減となっている。

 18年8月~19年4月期の全社売上高は、前年同期比7.3%増の270億円にとどまった。前年同期(17年8月~18年4月期)の伸び率が18.0%だったことを考えると、明らかに失速している。本業のもうけを示す営業利益も冴えず、45.7%減の7億9900万円だった。

 既存店の不振に加え、店舗数が減少に転じたことが響いた。ここ数年は出店攻勢により年に70~100店増えていた。しかし、最近は既存店の立て直しに注力しているため、新規出店を抑制している。そのため、19年4月末時点の店舗数は、1年前と比べて35店多いものの、3カ月前と比べると18店少ない660店にとどまっている。ここにきて店舗数は減少に転じたことがわかる。

 17年10月の値上げがきっかけで業績が低迷しているわけだが、抜本的な解決策が見いだせていない状況だ。もっとも今年3月から5月の既存店売上高は以前と比べてマシになっている。3月の客数は前年同月比1.1%減、4月は横ばい、5月は0.4%増となり、既存店売上高は3月が2.7%減、4月が1.8%減、5月が1.4%減と微減にとどまった。それ以前は大半の月で5%以上のマイナスとなっていたことを考えると、状況は改善しているようにも見える。

 しかし、この改善は諸手を挙げて評価することはできないだろう。というのも、実質的な「値下げ」に頼って改善したためだ。鳥貴族は3月7日から5月10日までの期間限定で、「特別・晩餐会」と銘打った「食べ飲み放題」(2682円、税別以下同)と「飲み放題」(1192円)のキャンペーンを実施し、収益向上を狙った。ただ、「食べ飲み放題」は既存の飲み放題・食べ放題サービス「トリキ晩餐会」(2980円)を298円安くしただけのものでしかなく、「飲み放題」は5杯以上飲んだ場合に5杯目以降の金額を割り引くというものにすぎない。どちらも実質的な値下げにほかならないのだ。

 実質値下げは、ほかにもある。昨年9月13日から10月17日までの期間限定で、既存メニューの「ハイボール」の2倍の量となる「メガハイボール」を、通常のハイボールと同じ価格で販売し、その後、定番メニューに組み込んだことがそうだ。これも、2杯を提供して1杯分の金額を割り引いて販売しているにすぎず、実質的な値下げだ。

 深刻な客離れが起きてしまったため、客足を回復させるためにこういった実質値下げを実施するのは、ある程度は致し方ない面がある。しかし、当初の狙いであるコスト高を吸収することも合わせて考えると、値下げに頼らない施策で成功を収める必要があるだろう。ヒット商品を生み出すことなどが求められている。

鳥貴族、1年以上ずっと客離れで閉店ラッシュ…安易な値下げで“ただの総合居酒屋”化のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事