NEW
中曽根陽子の教育最前線

中学受験で我が子が“燃え尽き”ないために…一生通用する「地頭力」をつける探究型学習

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年度の大学入試から日本の教育が大きく変わる。小中高の教育も、知識重視の一方通行の授業から、思考力を育てる探究型の授業が増えていくといわれているが、私立中高では一足先に探究型の授業を取り入れる学校も増えている。

 そんななか、中学受験は過熱気味で、子どもにとって負担の大きい入試を越えなくてはならない。結果せっかく合格しても、勉強嫌いになってしまう子もいる。受験勉強で消耗せずに、その先で役に立つ力をつける方法はないものか。そんな問いを、子どもの探究心を育てることと、受験のための能力を育てることは両立可能だという、探究型の塾を主催する矢萩邦彦氏にぶつけてみた。

加熱する中学受験。受験勉強で消耗せず、中学入学後も伸び続けるための力をつけることはできるのか

中曽根 2020年からの大学入試改革の影響もあって、今また中学受験が過熱しています。こうした状況を踏まえて、受験勉強で消耗せず、中学入学後も伸び続けるための力をつけるためには、中学受験にどう向き合えばいいのか教えてください。

矢萩 最難関と言われる学校は、やはりある程度知識を入れないと対応はできません。しかしそれ以外のいわゆる中堅校に関しては、探究的な学び方でも対応はできます。

 中学受験が高校受験と違うのは、業界が先導してきたからです。中学受験で出される入試問題は、教科書ではなく大手塾のテキストがベースになった問題が出題されますし、偏差値の利用法や学校との付き合い方など、すべてが業界のビジネスモデルに合う方向に進んでしまい、それに受験生が合わされてきたというところが大きいと思います。特にゆとり教育の時に大手塾が張った「円周率が3になる」というネガティブキャンペーンで、中学受験をしようという家庭が増えて競争が激化し、さらに特殊な世界になりました。

 全体の中での順位や総合点で評価をすると、それぞれの子どものいいところを活かしにくくなってしまいます。受験勉強が本当の意味での学びにならないのは、そのためです。

 しかし、やりようによっては、中学受験の勉強は、今注目されている思考力を身につけるのに役立ちます。

中学受験で我が子が“燃え尽き”ないために…一生通用する「地頭力」をつける探究型学習のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事