NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

減塩、うつ病などの病気の原因か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 去る9月9日に関東・伊豆地方に上陸し、場所によっては風速50メートル以上を記録した強烈な台風15号は、千葉県を中心に約2000本の電柱を倒壊・損傷させ、一時は93万戸が停電、8日後の9月17日になっても6万7000戸、9月21日早朝の段階でも4600戸が停電していた。東京電力は当初は「11日中の復旧を目指す」と発表したが、その後は「復旧は13日以降」「最長で27日」と段々頼りなくなっていった。

 私が住む伊豆高原でも約20時間停電し、「電気のない不便さ」を嫌というほど思い知らされた。室内が暗くなるのは当たり前であるが、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、炊飯器などがことごとく使えない。水も貯蔵タンクに電気ポンプでくみ上げているらしく、一時停水になった。すると、水洗トイレが流せない。我々の生活が電気に支配されていることを痛感させられた。この電気のない生活を2週間以上、余儀なくされていらした一部の千葉県民の方々には、深甚から同情申し上げたい。

『医学常識は疑え』(石原結實/青萠堂)

 今回の長期にわたる停電の最大の原因が、日本における「無電柱化」の遅れである。パリやロンドンなどヨーロッパの主要都市の無電柱化率はほぼ「100パーセント」。アジアのソウルやジャカルタでも「30~40パーセント」なのに、日本で一番無電柱化率の高い東京23区でも「約8パーセント」と低すぎる。

 電線を地下に埋没させるコストは「1km当たり約5億円」と、地上に電線を張るコストの約10倍にもなる。とはいっても、2020年にはビッグイベントの東京オリンピック・パラリンピックが開催される。「お・も・て・な・し」の国、日本でその期間中、運悪く風水害でも起こって長時間の停電が万一発生したら、と思うとぞっとする。今後の無電柱化への行政の対処は「焦眉の急」である。

人体内を縦横に走る「気」

 さて、電気こそ我々の生活のライフライン(生命線)ということが理解できたが、「電気」の重要性は人体でも同じである。心電図、筋電図、脳波などの医学検査などからも、心臓、筋肉、脳(に限らずすべての人体の臓器、細胞)の働きの原動力は電気であることがわかる。心臓の拍動が事故や病気で停止したときは、「AEDから心臓へ電気を流し、蘇生を図る」ことからも理解できる。

減塩、うつ病などの病気の原因かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事