NEW
杉江弘「機長の目」

成田空港「陸の孤島」化は運営会社による“人災”…なぜガラガラの羽田に向かわせなかった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成田国際空港(「wikipedia」より/Nanashinodensyaku)

 9月に台風15号の影響で最大1万7000人が成田国際空港で足止めされ、1万3000人以上の利用客が一夜を明かした「事件」。

 事の発端は、成田空港からの地上の交通アクセスがすべて遮断されていたのに到着機が次から次へと着陸したことにある。国内でもっとも多く国際線の旅客が利用する成田空港が、行き場のなくなった旅客であふれかえる「陸の孤島」と化した原因と再発防止策について述べていきたい。

鉄道やバスの運休に無策

 台風15号が千葉市に9日午前5時前に上陸した結果、鉄道では成田スカイアクセス線が9日夕方まで、JR線では10日午前まで、京成本線が10日朝まで運休となり、バスも新空港道と東関東道が閉鎖され、空港からの交通手段がすべてなくなるという事態が発生した。

 このなかで鉄道については台風が関東地方に接近中に計画運休が発表され、成田国際空港会社(NAA)や国土交通省では事前に今回のトラブルが発生する可能性を予期して対策を準備する時間が十分にあったはずである。しかし両者は協議することなく、それぞれが一方的に主張を述べ合うだけであった。

 たとえば国交省成田空港事務所によると、同事務所は9日午後1時頃に近隣空港から成田に向かう便の着陸制限をする必要があるか、NAAに打診したが断られたという。つまりターミナルに利用客がたまり始めていたのに、NAAは着陸機を予定通りにどんどん降ろすという利益第一主義に終始したと言われても仕方がない。

 この点についてNAAでは26日になって「利用客に大変な不便と迷惑をかけた」と陳謝するとともに、一方では「国や航空会社、関係事業者と事前に十分な打ち合わせや訓練をしておかないと、適切な判断は難しかった」と釈明。「あらかじめ滞留者を増やさない体制を関係者で構築しておくべきだった」(田村明比古社長)と述べている。

 つまり、これまで非常時対応について関係者間でなんら話し合いが行われてこなかったと自ら認めたかたちだ。ただ、私は今回の事態を招いたのはNAAのみならず、運輸事業全般を統括する国交省をはじめ、入管と通関を管轄する法務省や財務省などにも責任があると言っておきたい。

成田空港「陸の孤島」化は運営会社による“人災”…なぜガラガラの羽田に向かわせなかったのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事