NEW
企業・業界

日本郵政、混乱の元凶は菅官房長官だった…“影のトップ”鈴木副社長の子分が新トップ就任

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本郵政、混乱の元凶は菅官房長官だった…影のトップ鈴木副社長の子分が新トップ就任の画像1
かんぽ生命不適切販売問題 経営トップが記者会見(写真:東洋経済/アフロ)

 今回の日本郵政グループのトップ人事は、菅義偉官房長官が主導した。持ち株会社、日本郵政の社長には増田寛也・元総務相が2020年1月6日付で就任する。菅氏が自ら社長に据えた長門正貢氏を切って、同じく首相官邸に極めて近い増田氏に首をすげ替えた。表紙は替わったが、中身は同じ。かんぽ生命の千田哲也・新社長はすんなり決まったが、日本郵便では土壇場で大逆転が起こったようだ。

「当初は、旧大蔵省出身の池田篤彦専務執行役の線だったが、高市早苗総務相に詰め腹を切らされた日本郵政上級副社長、鈴木康雄氏の部下だった衣川和秀専務執行役を強引に押し込んだ。いわば、鈴木氏の置きみやげだ。死んだふりをしていたが、鈴木氏は死んでいなかった。菅長官とホットラインがあるから、それを使ったのではないかといわれている。大逆転に日本郵政内では歓声が上がった」(事情通)

 19年12月20日、前総務事務次官の鈴木茂樹氏が、かんぽ生命保険の不正販売をめぐり、日本郵政グループに対する行政処分案を漏洩したことが発覚。高市総務相の査問に、あっさり「申し訳ない」と事実を認めたため、事実上解任された。情報漏洩の相手が元総務事務次官の鈴木康雄氏(1月5日付で退任)だった。鈴木康雄氏は日本郵政の社内の聞き取りに「そんなひどいことは、していない」と話した、長門社長が12月27日の退任記者会見で述べた。長門氏は「(鈴木氏が)ものすごい秘密を得ていたという感触はない」と強調したが、秘密の漏洩はいつから始まっていたのだろうか。

 19年12月27日付毎日新聞は、「26日の公明党の総務部会に出席した鈴木康雄・日本郵政上級副社長が、『(処分に関する)日程を聞いただけで、処分内容を教えてくれと頼んでいない』と述べ、自らの責任を否定した。部会は非公開で、出席者が明らかにした」と報じた。会員制情報誌「選択」(選択出版/2020年1月号)は「日本郵政のドン、鈴木康雄はどんな人物か――。ひと言でいえば、“根回しと恫喝”の官僚だった」としている。

 かんぽ不正を報道したNHKへの抗議を主導したのも鈴木氏。19年10月にはNHKの取材手法を「まるで暴力団」となじった。辞任会見で「暴力団」発言について再三問われた長門氏は最後になって、ようやく、「(暴力団という表現は)不適切だと感じている」と述べたが、明らかに証文の出し遅れである。鈴木氏は長門氏を「神輿(みこし)は軽いほうがいい」と評したことがあるが、日本郵政グループの本当のトップは長門氏ではなく鈴木氏だったということだ。

 第2次安倍政権で官房長官になった菅氏が、鈴木氏を日本郵政の副社長に送り込んだことは、周知の事実である。4代目社長の西室泰三氏(元東芝会長)が東芝の不祥事の渦中に体調を崩し入院していた時に、バトンを引き継いだのが当時、ゆうちょ銀行社長だった長門氏だった。この人事も官邸主導で行われた。

関連記事