NEW
連載
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

ユニクロが海外進出で感じる、日本の家電・自動車メーカーが築いた“日本ブランドの尊さ”

文=大﨑孝徳/デ・ラ・サール大学Professorial lecturer
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン・マニラ(「Getty Images」より)

 多くの東南アジアの国と同様に、フィリピンにおいても日本車の人気は高い。その理由はどのようなポイントにあるのだろうか。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』(大﨑孝徳/日本実業出版社)
『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』(大﨑孝徳/日本実業出版社)

 まず、フィリピン自動車市場の概要を確認すると、2018年度の販売台数は40万台程度となっている。日本の530万台と比較すれば、いまだ1割にも満たないが、人口が高い増加傾向にあり、経済も順調に成長していることを考慮すれば、今後が楽しみな市場ではある。一方、人口1.26億人を対象に毎年500万台以上の自動車が販売されている日本というマーケットのすごさを改めて感じてしまう。

 フィリピン市場における自動車のタイプに注目すると、商用車27万台、乗用車13万台と、商用車が3分の2を占めており、乗用車が主流である日本とは大きく異なる。

 フィリピンでもっとも高いシェアを保持しているのはトヨタ自動車であり、37.9%と圧倒的な状況である。以下、三菱自動車工業16.4%、韓国・現代(ヒュンダイ)8.8%、日産自動車8.7%、米フォード5.8%により、トップ5が形成されている。さらに、6位から10位は、本田技研工業(ホンダ)、スズキ、いすゞ、中国フォトン、米シボレーとなっている。

 トップ10に日本メーカーが7社も入り、また三菱自が2位につけている点も興味深い。さらに、現在、フォトンの1社のみであるが中国メーカーが進出してきている点は注目に値する。

 高級車市場に注目すると、トップは独メルセデス・ベンツ773台、2位はレクサス(トヨタ)615台、3位は独BMWの508台となっている。世界の高級車市場といえば、これまではドイツを中心とした欧州メーカーに独占されていたが、日本メーカーが一石を投じている。一方、トラック市場においては、いすゞが19年連続の首位となっている。

 もっとも売れているモデルはトヨタの「ヴィオス」であり、価格は日本円に換算すると、160万円となる。日本では発売されていないが、カローラのような4ドアセダンであり、東南アジアなどではよく見かける。1人当たりGDPが34万円と日本の10分の1にも満たないフィリピンにおいて、160万円という金額は一般の庶民にとってかなりの高額となる。2位は同じくトヨタの「フォーチュナー」で価格は350万円にもなるが、2万台以上が販売されている。このモデルは、日本でいえば「ランドクルーザープラド」のような車高の高いSUV(スポーツ用多目的車)である。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事