アースなど展開するストライプインターナショナルの石川康晴社長が辞任、セクハラ疑惑かの画像1
「earth music&ecology」公式サイトより

 アパレルブランド「アースミュージック&エコロジー」(以下、アース)などを展開するストライプインターナショナルの石川康晴代表取締役社長が、セクハラ疑惑を受けて3月6日付で同職を退任した。

 セクハラについて3月4日付朝日新聞デジタルは「15年8月~18年5月にあった4件が報告された」「4件のうち1件は、石川氏が16年に地方視察した際、女性の店舗スタッフを朝にホテルに呼び出し、本人の同意がないままわいせつ行為に及んだ」としている。ほかの3件は以下のとおりだ。

(1)石川氏が宿泊研修時、LINEで社員に「内緒だよ」とメッセージを送り、部屋に来るよう誘った
(2)店舗スタッフを深夜にホテルのバーへ来るよう誘った
(3)地方在住の店舗スタッフに、東京に来てデートするよう誘った

 18年12月に開かれた同社の査問会では、セクハラの事実は認められないものの誤解を受ける行為だったとして厳重注意されるにとどまったが、こうした報道を理由に石川氏から辞任の申し出があり、承認されるに至った。

 これは大問題だ。同社の経営理念を拡大解釈してしまったとでもいうのだろうか。経営理念には「仕事上の関係よりも親密で、信頼し合える、家族の次に大切な関係、それがセカンドファミリー。その関係を社員同士、関係各社、お客様へも広げ続けます」とあるが、ここで言う「親密」とは、もちろん男女関係のことではないだろう。

 女性の働きやすさをアピールしてきたことも空虚に聞こえてしまう。同社はこれまで、女性活躍推進の取り組みが優良な企業を認定する「えるぼし認定」で優良認定されるなど、女性の働きやすさで数々表彰され、そのことをアピールしてきた。だが、今回のセクハラ疑惑で、それらが偽りだったと捉えられても仕方がないだろう。いずれにせよ、由々しき問題で、社長辞任だけでは済まない可能性がある。

成長に陰り

 この騒動で、ストライプの今後に暗雲が垂れ込めている。特に主力のアースの顧客離れが懸念される。アースは20~40代の女性をメインターゲットとしているが、こうした層のセクハラに対する嫌悪感は相当大きいだろう。また、同社は近年、「エシカル(倫理的)」を強調したブランド戦略を打ち出しているが、相反するセクハラ疑惑でブランド戦略に疑問符が付かざるを得ない。こうしたことで顧客離れが起きる可能性が高い。

 アースは1999年に誕生した。自然で少女っぽい雰囲気の普段着を提案することをコンセプトとしている。2010年、国民的人気を誇り特に女性から支持されている女優の宮崎あおいさんが、人気ロックバンド「ザ・ブルーハーツ」の名曲『1001のバイオリン』を口ずさむテレビCMを放映したのをきっかけに、人気が一気に高まった。

 それ以降、ストライプはアパレルブランドを次々と立ち上げている。12年に男女向けの「セブンデイズサンデイ」、14年に家族向けの「KOE(コエ)」、16年に女性向けの「アメリカンホリック」などを立ち上げた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ