NEW
ジャーナリズム

一番悲惨な冬の孤独死の壮絶現場…事故物件も風俗店も“お祓い”に行く宮司の記録

文=菅野久美子/フリーライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

照天神社の宮司、金子雄貴さん

 神奈川県相模原市にある照天神社の宮司、金子雄貴さん。彼は、さまざまな訳あり物件のお祓いに15年以上向き合ってきた。その数、ゆうに1000件以上。事故物件専門、金子宮司の知られざる世界をご紹介する。

一番つらい現場

 金子宮司のこれまでの経験で一番つらい現場は、冬場の孤独死だという。孤独死は近年社会問題になっていて、ひとりで誰にも看取られないで死ぬことを指す。年間3万人以上が孤独死しているといわれるが、政府が本腰を入れて調査していないため、その実態はわかっていない。

 孤独死現場を清掃する特殊清掃業者の数は年々増えており、業界は孤独死バブルともいえる状況だが、そのお祓いを行う金子宮司も実は引っ張りだこなのである。これまで500件以上の孤独死現場を見てきた金子宮司は、その現場の悲惨さについてこう話す。

『超孤独死社会特殊清掃の現場をたどる』(菅野久美子/毎日新聞出版)

「長年現場を見ていると、孤独死って、最高に苦しい死に方だってことがわかるの。孤独死って、安らかに死んでる人って、あんまり見たことないんだよ。体液とか、血を吐いたのか、壁にしぶきがあがって、ものすごく苦しんだ跡がある。助けを求めようにも、お金もないし、知り合いもいないような人が多い。孤独死って、ただ病気の痛み、苦しみに耐えて死ぬんだよ。こんなに苦しいことはない死に方だよな。もうみんな出口のほうを向いて、のたうち回った跡がある。

 一番きついのは、風呂場だよ。風呂場で死んだら、すぐに見つからないと、血圧とかで、死ぬとドロドロになっちゃって、警察も事件性がないから、全部は持って行かないんだよな。だから爪とか落ちてるよね」

 筆者も数々の事故物件を取材で渡り歩いてきたが、孤独死の遺体状況は長期間発見されなければ悲惨で、なおかつ周囲から孤立していると感じる例が多い。孤独死は単身者ならば誰の身にも起こり得るので、もはや他人事ではない。トイレや浴室などではヒートショックが起こりやすいので、寒暖差には要注意だ。

風俗店でのお祓い

 風俗店では、風営法の観点から窓がないことが多い。そのため、空気の通りも悪いことから、実はけっこうお化けが「出る」といわれているという。そのため、金子宮司は風俗店のお祓いを頼まれることが多々ある。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事