村田製作所、収益を増大し続ける最強経営…常に全売上の40%が新商品、現場に権限移譲の画像1
村田製作所 HP」より

 コロナウイルスによる肺炎の感染拡大によって、世界経済と株式・為替などの金融市場が大きく混乱している。そのなか、セラミックコンデンサ世界首位の村田製作所は、13年ぶりに社長の交代を発表した。新社長に就任する中島規巨氏は、スマートフォン向け部品のビジネスを統括し、同社の業績拡大に大きく貢献したことで知られる。村田製作所は世代交代などを進めつつ、5G通信関連の需要を着実に取り込み、さらなる成長を目指す体制を確立しようとしているとみられる。

 問題は、新型肺炎の感染から世界経済にかなりの影響が出始めたことだ。中国では大手企業の生産が徐々に回復しているものの、中小企業を中心に資金繰りは厳しい。さらに、原油価格の下落を受けて米国のシェールガス業界をはじめとするエネルギー産業では低格付け企業の資金繰り懸念が高まっている。それは、世界経済全体の減速懸念を高めるリスク要因だ。

 村田製作所はリスク管理を徹底するなどして守りを固めつつ、より効率的に付加価値を生み出さなければならない。新型肺炎が世界全体でヒト・モノ・カネの流れを混乱させるなか、新しい経営トップの手腕に注目が集まる。

今後の成長を目指すための組織体制

 村田製作所の業績を見ていると、同社が環境の変化に機敏に対応し、長期にわたって収益の増大を実現してきたことがわかる。それを支えた要因の一つに、常に組織全体が新しい取り組みを進め、それに必要な投資などが迅速に実行できる体制が整備されてきたことがある。常に成長を目指すという確固とした行動理念の徹底は、同社の成長に無視できない影響を与えたはずだ。

 近年の業績からそれは確認できる。リーマンショック後、村田製作所はスマートフォン向けの積層セラミックコンデンサー(MLCC)の競争力を高め、世界の4割近いシェアを確保した。特に、村田製作所は米アップルをはじめとするスマートフォン向けのコンデンサ開発をスピーディーに進め、高収益体質につなげた。

 2018年から2019年夏場にかけては、米中の貿易摩擦に伴う中国経済の減速や、世界のサプライチェーンの混乱などを受けて同社の売上高は落ち込んだ。2019年半以降、世界的な5G通信サービスの開始に支えられたコンデンサ需要を取り込み、同社の業績は持ち直しつつある。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ