無料予備校「ただよび」、ユーチューブで開校…元東進カリスマ講師・吉野敬介氏が校長の画像1
「ただよび」の森田鉄也氏(左)と吉野敬介氏(右)

“タダでしょ!”が“今でしょ!”を凌駕するか。

 ユーチューブにおいて4月6日から、無料の予備校が始まる。その名も「ただよび」。予備校のヘッドマスター(校長)は、吉野敬介氏。中学時代から暴走族となり特攻隊長にまでなったが、失恋をきっかけに20歳で大学受験を志し、國學院大學文学部に合格。4ヶ月の猛勉強で25だった国語の偏差値を86にまで上げた経験にもとづき、30年もの間カリスマ講師として予備校の教壇に立ち約100万人を合格に導いてきた。

  吉野氏は「ただよび」への思いを語る。

「たとえば今年、東進ハイスクールから800人くらい東大に入ってますけど、750人くらいは特待生で1年間ほぼ無料で授業を受けているわけです。それまで頑張って優秀な成績を出してきた彼らを責める気はまったくないけど、そういった不平等があるわけですよ。予備校って、年間80万円くらいかかります。30前後で結婚して子どもが17、18歳っていうとお父さんは40代じゃないですか。40代で80万円ってけっこうでかいですよね。

 世の中って、すべてのことが不平等じゃないですか。生まれながらの容姿でも生きていく上で損得が出る。もともと頭のいい奴もいれば、運動神経のいい奴もいる。だからせめて、大学に入るまでの勉強は無料にできないかっていうのは、ずっと考えてきたんですよ。全国で俺は講演してきてますけど、都市と地方の教育環境の格差っていうのはすさまじいものがある。日本はもはや格差社会じゃなくて階級社会ですよ。教育はすべて無償化されるべきだけど、消費税ばっかり上げられちゃって何にもしてくれない。だから自分でできることで、無料の予備校をやろうと思ったわけです。ユーチューブだったら、全国どこにいても見られるわけですから」

 代々木ゼミナールや東進ハイスクールでトップの人気講師だった吉野氏は、ユーチューブでどんな挑戦をするのか。

「地方に公開授業に行ったりすると、先生の大ファンですみたいな生徒が来るんだけど、話してみると映像の授業を1.5倍速で見てるっていうんですよ。90分授業があれば、10分くらい雑談するんだけど、そこだけ普通の早さで見てるとかって言う。『逆だろおまえ』って呆れるんだけど、90分座って授業を受ける時代じゃなくなってるんですよね。

 基本的に授業は10分にします。『む』の識別で10分、『る・らる』の識別で10分という形でやります。長文を90分やる時もありますけど、その時は文法はもう頭に入っているという形。もし分からない部分があったら、もう一度、文法の10分を見ればいいし、分からないところは何度も見ればいい。10分だったら電車の中でも見られるし、効率いいんじゃないかな思うんですよ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ