NEW
垣田達哉「もうダマされない」

コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢い

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢いの画像1
撮影=編集部

 筆者は4月10日付本連載記事で「マスクの次に襲う食料不足」と述べたが、なぜそんなに心配しているのか、その根拠となる具体的なデータを紹介しよう(数値は財務省貿易統計より)。

 世界からの日本への輸入全体を見ると、今年1月単月では、金額ベースで前年比▲(マイナス)3.6%、数量ベースで▲1.7%、2月は金額・前年比▲13.9%、数量・同▲17.3%と減少している。金額ベースでは、昨年5月から今年2月まで10カ月連続で前年を下回っているので、極端に輸入が減っているとは思えない。しかし数量ベースでは、直近10カ月中マイナスは7カ月あるが、今年2月の減少幅は突出している(表1)。

コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢いの画像2

 2月単月で、金額ベースが前年比2桁のマイナスになっている輸入先の国は次の通り。

・アジア:中国(▲47.1%)、香港(▲47.1%)、タイ(▲11.5%)、インドネシア(▲13.9%)、

・大洋州:豪州(▲17.4%)

・北米:カナダ(▲13.1%)、*米国(▲5.9%)

・EU:ドイツ(▲11.9%)、フランス(▲17.3%)、オランダ(▲12.9%)、ベルギー(▲28.0%)

・中東:サウジアラビア(▲11.1%)、クウェート(▲11.7%)、イラン(▲98.0%)

 輸入全体なので、食料品も工業製品等もすべて含まれているが、やはり新型コロナウイルスの影響がかなり顕著に出ている。3月の実績が公表されれば、影響はさらに大きくなっていることがわかるだろう。

 次に、食料品に特化して比較をする。

 1月の食料品の輸入は約5750億円、前年比▲0.4%。2月は約4765億円、同▲9.7%である。2月は1月より約17%減っており、品目別で見ても、すべての品目で前年を下回っている(表2)。一部高級食材を除けば、3月の生鮮食品の販売価格が高かったのは、輸入量が大きく減少した影響もあるだろう。

コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢いの画像3

WHOも食料不足の懸念を警告

 では、個別の品目ではどうなのか。もっとも気になる小麦を見てみよう(数値は農林水産省・農林水産物輸出入情報より)。

 今年1月~2月の2カ月間累計の輸入実績は、85万7348トン(前年比▲7.9%)、約269億円(同▲11.6%)である。米国、カナダ、豪州からの輸入量を昨年と比べると、以下になる。

米国 :数量▲ 0.1%、金額▲2.3%

カナダ:数量▲11.9%、金額▲16.5%

豪州 :数量▲11.2%、金額同▲16.8%

 米国からの輸入量はほぼ同量だが、カナダと豪州からは数量、金額とも前年を2桁下回っている。今年3月、農水省は次のように説明している。

「輸入小麦の直近6ヶ月間(令和元年9月第2週~令和2年3月第1週)の平均買付価格は、豪州での乾燥による減産により価格が上昇したこと、米国・カナダでの昨年秋以降の天候不順による品質の劣化懸念から価格が上昇したこと等により、(製粉会社に売り渡す価格は)前期に比べ上昇しました」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ