NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第18回

杏・東出昌大夫妻の所属事務所“トップ会談”はあったか…芸能マネが語るあの迷会見の裏側

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)
杏・東出昌大夫妻の所属事務所“トップ会談”はあったか…芸能マネが語るあの迷会見の裏側の画像1
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公式サイトトップページより。5月1日に公開予定であった同作は、新型コロナウイルスの影響により、公開延期となった。

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 1月末の別居報道から3カ月近くが経つというのに、いまだに世間の大きな関心ごととなっている東出昌大くんの不倫騒動。妻であるさんがいよいよ離婚を決意して、GW頃に発表されるのではないかという報道も出ています。

 そんな東出くんが3月17日に行った不倫謝罪会見ですが……。沈黙の時間も多いし、「お答えできない」の連発、そして極めつけはあの質問「杏さんと唐田さんのどちらが好きですか?」に対する「妻を傷つけるので答えられない」発言! 本来の頼りないキャラクターそのまんまの残念な会見というか……。何も得るものがないモヤッとした会見でしたね。女性インタビュアーたちに袋叩きにされただけっていう(笑)。

 でも、ああいう会見になったのも致し方ない側面もあったのではないかと思うんですよ。本人も会見の冒頭にあらかじめ断りを入れていましたが、やはり、杏さんとその所属事務所をおもんぱかって、何も話せない状態、言えないことだらけだったのでしょう。はっきり言えるのは、謝罪の言葉だけ。

 まだ会見できるタイミングでもなかったのにとりあえず矢面に出てきたのは、出演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(配給/東宝、主演/長澤まさみ)の宣伝活動がその後に控えていたから。5月1日公開予定だった映画のために、4月には舞台挨拶やテレビ出演などなどが大がかりに予定されており、その前に一度なんらかの形で“区切り”をつけておく必要があったんでしょう。ですから、彼がナレーションを担当したドキュメンタリー映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』の公開直前イベントの場を借りて、ああいった会見を急ぎセッティングさせてもらった、というところが真相ではないでしょうか。

『三島由紀夫VS東大全共闘』スタッフは東出を怒っておらず?

 ただ、これは関係者に聞いたのですが、『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』の関係者たちは、東出くんの今回の会見の場としていわば“利用”されたことについては、あまり怒っていなかったそうです。会見や囲み取材なんかでは、「映画と関係ない質問はお控えください!」なんて神経質になる場合も多いですが、この作品についてはわりと硬派で地味めの作品ですし、会見によって注目度が上がってよかった……といったような思いもあったのかもしれません。一方の『コンフィデンスマン』のほうは結局その後、新型コロナウイルスの影響で映画の公開延期が決定し、宣伝活動もなくなってしまったんですけどね……。

 会見時の東出くんの態度も、神妙すぎる表情に、言葉が棒読みのセリフみたいで、「言葉が嘘くさい」「なんだか芝居がかってる……」とネットでも叩かれまくりでしたよね。でも、そもそも東出くんってああいう喋り方なんですよね。声が高くて、ちょっとポンコツぽいというか、頼りないというか。本音で話しているように聞こえづらい声とトーン。だからこそ、『コンフィデンスマンJP』シリーズで演じている頼りない男の子の“ボクちゃん”役や、『あなたのことはそれほど』(2017年、TBS系、主演/波瑠)の不気味な夫役のような役がハマるんだけど……。当然ながら、ああいう謝罪会見のような場には向いてないですね。

 僕は仕事柄、こういうニュースを見るとやっぱり「自分の担当タレントだったとしたら……」と考えてしまいます。東出くんの会見を見ながら「あー、手伝ってあげたいなー。言ってくれたら会見の想定問答集作ったのになー!」なんて考えていました(笑)。だいたい聞かれそうなことは決まっていますしね。もちろん、東出くんの事務所の方も準備していたとは思うんですけど。

杏・東出昌大夫妻の所属事務所“トップ会談”はあったか…芸能マネが語るあの迷会見の裏側の画像2
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のもととなった、2018年4月クールの月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』。東出昌大の持ち味である“頼りなさ”がうまく引き出され、また主演で東宝芸能所属の女優・長澤まさみが新境地を開いた作品ともなった。(画像は、ポニーキャニオンより発売の同ドラマDVD-BOXジャケットより)

東出が株を上げる“チャンス”でもあった

 あの質問(「杏さんと唐田さんのどちらが好きですか?」)は“ゲスな質問だった”と非難されていますけど、もちろんリポーターも“仕事”としてああいう質問をしているだけ。リポーターとしては、復縁したい気持ちがあるならもちろん「妻です」という答えが返ってきて、「ではなぜ不倫したんですか?」という次に繋げるための質問をしようと思っていたのでしょう。もちろん、どっちと答えても答えなくても東出くんが叩かれることには違いないんですが、リポーターたちのナナメ上を行く回答でしたね。僕が想定問答集を作るとしたら、無難ですけど「『僕には答える資格がありません』とうつむく」とかが正解だったのかなぁ……。

 でもあの質問は、東出くんにとって、株を上げられるチャンスでもあったんです。2月のジャニーズ退所会見で完璧なトークの切り返しを見せ、“神会見”とまでいわれた中居正広くんのようには無理でしょうけど、何かもう少し気の利いたコメントができれば、少しは風向きが変わったかもしれない。

 たとえば、「今回の騒動とかけまして、東京湾を出ていった船と解きます。(その心は)“コウカイ”の真っ最中です」と見事な謎かけを披露して、不倫謝罪会見に集まった報道陣を笑わせた三遊亭圓楽師匠。そして、違法薬物所持で逮捕された際の会見で「勝手にパンツの中に入っていた。もう一生パンツを履かないようにする」とうそぶいた勝新太郎氏など、最大のピンチと思われる会見を、見事なパフォーマンスの場に変え、“名台詞”を残す芸能人も多数います。これは、芸能人としての力量が問われるところですよね。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ