コロナ専門家会議「”4日様子みて”言ってない」と虚偽説明…検査抑制で在宅死亡者増加かの画像1
国立感染症研究所公式サイト

 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議委員の釜萢敏氏(日本医師会常任理事)が22日、記者会見で受診の目安のとされてきた「発熱後4日間自宅待機ルール」に関し、「普段あまり受診されていない方でも体調が悪い状態が4日も続くようなら受診してくださいという趣旨だった」などと発言をして波紋が広がっている。

 これまで国立感染症研究所や厚生労働省、各自治体の保健所などは一様にこの「4日待機ルール」を適用し検査を行ってきた。インターネット上には今も「発熱したが4日間自宅での経過観察を要請され、検査に至らなかった」という声が溢れている。いったいどうなっているのか。

釜萢氏「4日様子をみてくださいというふうに取られた」

 22日に開かれた専門家会議の会見で、釜萢氏は記者から新しい受診の目安に関する専門家会議の見解を問われ、以下のように回答した。

「2月の時に目安が出まして、受診の目安に対しては、特に今いつもと体調が違うということに対して、4日間様子をみてくださいというメッセージに取られたんですが、そうではなくてですね。体調が少し悪いからといって、みなさんすぐ医療機関を受診されるわけではないので、少しいつもと違う症状が続いた場合には、少なくとも4日も続くというのであれば、普段はあまり受診をされなくても、今回に関してはぜひ相談をしていただきたい。まず電話で相談をして、その相談の結果、受診が必要になれば医療機関を受診していただきたい、そういうことでありました」

上昌広氏「明確な嘘です」

 医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は次のように話す。

「これは明確な嘘です。4日間の経過観察は、国立感染症研究所が2月に示した『新型コロナウイルス(Novel Coronavirus:nCoV)に対する積極的疫学調査実施要領(2020年2月6日暫定版)』による規定でした。臨床医の代表として専門家会議に参加している人物の発言として、決してあってはならないことだと思います。

 そもそも専門家会議は脇田隆宇感染研所長が座長を務めています。釜萢氏は『専門家会議で議論に参加する以前に感染研で規定がつくられていた』と弁明されるかもしれませんが、この間、専門家会議内で修正する機会はいくらでもあったはずです。志村けんさんや岡江久美子さんが自宅待機中に亡くなられたことで、責任が及ぶのを避けようとしたのではないでしょうか」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ