新型コロナに乗じたヘイトが蔓延…中国・朝鮮系の店や学校への差別が頻発、抗議デモ発生の画像1
「コロナに乗じたヘイトをやめろ!4.19緊急アクション」デモの様子

「危機」「非常時」「緊急事態」の名のもとに同調圧力が強まり、息苦しい空気が広がっている。新型コロナウイルス感染はいつか必ず終息するが、全体主義的な風潮がいったん根を下ろしてしまうと、社会を復元するには膨大な労力を必要とするだろう。

 このような風潮のなかで、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた中国系住民や飲食店などへの嫌がらせやインターネット上でヘイトを煽る言動が一部に出ているのは、危険な兆候ではないか。

 4月19日夕方、「コロナに乗じたヘイトをやめろ!4.19緊急アクション」と銘打った約100人のデモが東京・新宿アルタ前広場から出発し、外出自粛で人通りの少ない新宿の街でアピールした。

 デモを呼びかけたのは、「差別・排外主義に反対する連絡会」。午後5時過ぎ、主催者が呼びかけの趣旨を話した。

「中国系の店に嫌がらせをしたり、『武漢ウイルス』だの『チャイナウイルス』などと言って、ヘイト的風潮を煽るような言動があります。

 WHO(世界保健機構)は2015年5月8日に、感染症の一般呼称に関して地域名・人名などと結び付けたり、過度の不安を煽る用語は病名に含まれるべきではないと、各国当局、科学者、メディアに呼びかけています。

 また、『子どもが遊んでいる』との通報により公園が閉鎖に追い込まれたところもあります。いま、コロナ危機の中でものを言えない雰囲気があると思います。主張してもいいんだ、デモをやってもいいんだ、とここで示したい」

新型コロナに乗じたヘイトが蔓延…中国・朝鮮系の店や学校への差別が頻発、抗議デモ発生の画像2

 デモといえば、「外出禁止されては生活できない」として外出禁止反対のデモがアメリカ各地で行われており、日本でも4月12日に「要請するなら補償しろ!」というデモが東京・渋谷で起き、注目された。

 この「補償しろデモ」を呼びかけた女性も、マイクを握った。

「私も仕事を失い、とても厳しい状況です。怒りがたまっている多くの人がいる。そこでツイッターでデモを呼びかけたら非難されましたが、実行すべきだと考えました。補償もないまま家にいたら、政府に殺されます。

 ものも言えず、自粛を要請されるような世の中に私は住みたくありません。同時に、コロナの終息後に私たちがどういう社会を目指すのかも考えていきたい」

新型コロナに乗じたヘイトが蔓延…中国・朝鮮系の店や学校への差別が頻発、抗議デモ発生の画像3

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ