NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新型ハリアー、ライズ並みのヒット車に?トヨタ系ディーラーが“ウハウハ”になる利益事情

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

新型ハリアー、ライズ並みのヒット車に?トヨタ系ディーラーがウハウハになる利益事情の画像1
トヨタの「ハリアー」(「トヨタ ハリアー | トヨタ自動車WEBサイト」より)

 新型コロナウイルスが蔓延し、社会が混乱するなかの4月13日に、4代目となるトヨタ自動車の新型「ハリアー」がデビューした(発売は6月頃を予定)。もともと専門誌を中心に4月にデビューするのではないかと言われていたが、新型コロナウイルス問題が発生し、なおかつ、すでに7都府県に緊急事態宣言が発出(今は全国へ拡大)された段階で、「新型ハリアーは本当にデビューするのか?」といった疑問が多く聞かれていた。しかし、情報通り、新型ハリアーは4月にデビューした。

 ハリアーは1997年に初代モデルがデビュー。当時、日本国内ではレクサスチャンネルは開業していなかったので、海外での“初代レクサスRX”のトヨタブランド版としてデビューしたといっていいだろう。カムリ系プラットフォームをベース、つまり乗用車系プラットフォームをベースとしたクロスオーバーSUVとなる初代ハリアー(世界市場での初代レクサスRX)のデビューは、世界の自動車メーカーにまさに衝撃を与えた。

 当時のSUVというのは、トラックシャシーベースの武骨なモデルばかり。そこに登場したRX(ハリアー)というクルマに世界の自動車メーカーは衝撃を受け、追随するモデルを相次いで市場投入した。アメリカでは、ある自動車雑誌主催のカーオブザイヤーで賞をあげようとしたのだが、アメリカでは今でもSUVは小型トラックにカテゴライズされることもあり、イヤーカーは厳しいとして、“SUVオブザイヤー”というものを新設したといった話も聞いている。

 2003年の2代目まで、ハリアーはレクサスRXの国内仕様としてラインナップされたが、13年にデビューした3代目は当時の「RAV4」と基本コンポーネントを共用し、レクサスRXとは分離されることとなった。

 3代目は地域を限定して輸出していた、ほぼ国内専売モデルにもかかわらず、正規輸出されていないASEAN諸国でも正規輸入されているのではないかと思うほど、多数目撃(日本から個人輸出が積極的に行われた)されていた。

新型ハリアーの販売が“手堅い”理由

 そして、今回登場したのが4代目新型ハリアーである。「このタイミングでデビューして大丈夫なのか?」という声も聞かれるが、そこはハリアーのような人気モデルにとっては、それほど影響がないと考えられる。

 それは、歴代モデルが継続的に高い人気を維持し、歴代モデルの現有ユーザーが多いことが、まず挙げられる。13年にデビューした3代目ハリアーの19年までの累計販売台数は約31万台にも及び、年間平均販売台数は5万台強、月販平均台数は約4200台となっている。3代目の月販目標台数が2500台なので、目標に対して約1.6倍となるヒットモデルとなった。

 4代目への乗り替えを勧めるメインターゲットは3代目ユーザーとなるが、19年までで約31万台という販売実績の多さもあり、3代目をメインとした歴代ハリアーユーザーへの代替え促進活動だけでも、今のような厳しい社会状況のなかとはいえ、意外なほど予約受注も確保できるのではないかと考えられる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ