コロワイド、大戸屋“乗っ取り劇”の全真相…大戸屋創業者の長男を抱き込み、敵対的TOBもの画像1
大戸屋の店舗(「Wikipedia」より/Asanagi)

 コロナ禍のなか、定食チェーン「大戸屋ごはん処」などを展開する大戸屋ホールディングス(窪田健一社長)への敵対的買収劇が始まった。6月25日に開催される同社の株主総会に向け、筆頭株主で居酒屋「甘太郎」、焼肉店「牛角」などを運営するコロワイド(蔵人金男会長)が取締役候補12人を選任する株主提案を公表した。

 コロワイドは2019年10月、大戸屋の創業家一族から発行済み株式の18.67%を約30億円で取得(現在の持ち株比率は19.1%)。筆頭株主として大戸屋と経営再建について協議してきたが、大戸屋は独立経営の維持を主張。物別れに終わったことから強硬手段に訴えた。

 取締役の刷新を提案する。コロワイドの蔵人賢樹専務と澄川浩太取締役のほか、大戸屋の実質的な創業者で2015年に亡くなった三森久実氏の長男・智仁氏を含めた7人を役員の候補とする。大戸屋の窪田社長や山本匡哉取締役ら現在の取締役のうち5人も候補とするが、コロワイドは取締役の過半数を握る方針だ。

 株主総会で、この議案を通して経営陣を刷新できれば、TOB(株式公開買い付け)と第三者割当増資の組み合わせで持ち株比率を51%にまで高め、連結子会社とする。プロキシーファイト(委任状争奪戦)となり、大戸屋の勝利に終わった場合でも諦めない。再び臨時株主総会を請求し、経営陣刷新を求め、敵対的TOBを始めるとしている。

・株主提案 社内取締役(業務執行取締役)候補者(4名)

氏名(年齢)         略歴

蔵人賢樹(41)             コロワイド専務取締役

澄川浩太(41)             コロワイド取締役

窪田健一(49)             大戸屋社長

山本匡哉(46)             大戸屋取締役

・株主提案 社外取締役(非業務執行取締役)候補者(8名)

三森教雄(63)    大戸屋取締役(東京慈恵会医科大学外科学講座特任教授)

池田純(44)               大戸屋取締役(元横浜DeNAベイスターズ社長)

戸川信義(41)             大戸屋取締役(公認会計士)

小濱直人(54)             オフィス小浜代表取締役

河合宏幸(58)             公認会計士・税理士

田村吉央(37)             弁護士

鈴木孝子(58)             日本ユニシス購買マネジメント部業務プロセス企画室長

三森智仁(31)             スリーフォレスト代表取締役(前大戸屋常務取締役)

 三森教雄氏は久美氏の実兄。創業家と経営陣を和解させようと仲介の労をとってきたが、創業家が持ち株を処分したため、退任するとみられていた。

お家騒動の白眉は「お骨事件」

 騒動の発端は大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去した15年7月に遡る。久実氏は池袋の食堂だった大戸屋を400店舗以上のチェーンに育て上げた立志伝中の人物だ。