NEW
2020年5月9日土曜夜、芸能人たちはなぜ一斉に“蜂起”したのか【後編】

「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せず…芸能人たちの反撃

文=峯岸あゆみ
「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せずの画像1
小泉今日子が、自身の個人事務所である「株式会社明後日」のアカウントで投稿したツイート。

 5月8日金曜からの衆議院内閣委員会における審議開始以降、多くの抗議活動が巻き起こり、11日月曜には日本弁護士連合会が反対の会長声明を発表、15日金曜には元検事総長を含む検察OBらが反対する意見書を法務省に提出、さらに18日月曜には元東京地検特捜部長らを含む検察OB意見書を公表するなど、法曹界内部からも批判の声が広がった「検察庁法改正案」。こうした反対の声を受け18日月曜午後、安倍晋三首相は急転直下、同法案の今国会での成立を断念した。

【前編】では、この法案に対する市民の側からの反対運動の中心となった、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを付したツイッターデモが5月8日金曜にどのように始まり、それが9日土曜の夜以降どのようにして大きなうねりとなっていったのかを、芸能人たちのツイートを追うことによってによって見てみた。

 続くこの【後編】では、芸能人らのそうしたツイートに寄せられたネガティブな反応について、当の芸能人たちはどのように“反撃”していったのかを見ていこうと思う。

(【前編】はこちらより)

元AKB秋元才加、怒りの反論

 検察庁法改正問題そのものとは別に、今回のムーブメントが投げかけたもうひとつの問題として、SNSに蔓延する「否定リプ」問題が挙げられよう。

【前編】で述べた通り5月10日日曜夜でひと段落したツイッターデモではあるが、影響力の大きい芸能人たちのツイートには、フォロワー数やリツイート数に比例して賛否それぞれの側からの大量のリプが付いた。否定的なリプには、「ファンだったのにがっかりした」「政治的発言をしないでほしかった」「わかってツイートしているのか」「ちゃんと勉強してください」といった内容のものが目立った。つまるところ、「タレントは本業以外の発言を控えろ」「タレントは政治的発言をするな」「タレントは政治問題など理解できないバカに違いない」というわけである。

 ちなみに、「ファンだったのにがっかりした」というリプ主のプロフィールやツイートを見ても、過去にその芸能人について一度も言及していないなど、本当にファンなのかどうかは疑わしい場合も多かったことは付言しておきたい。

 さて、こうしたネガティブなリプをスルーする芸能人も多かったが、反論する者もいた。元AKB48の秋元才加は、「内容が分かってるのか不安です。」なるリプに、「すみません。大きなお世話です。ありがとうございます。」とレスしてみせた。

 小泉今日子はリプの形をとらず、「私、更に勉強してみました。読んで、見て、考えた。その上で今日も呟かずにはいられない。#検察庁法改正に抗議します」とツイートしている。なお、彼女は否定的なリプに屈することなく、その後も連日、抗議の意を表明するツイートを続けている。

「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せずの画像2
秋元才加のツイート。

きゃりーぱみゅぱみゅ、当該ツイートを削除

 一方できゃりーぱみゅぱみゅは、11日月曜になって自身の当該ツイートを削除。そのうえで、「リプ欄でファン同士が喧嘩するのが嫌だ」という削除理由を表明した。彼女のリプ欄で、同意派アカウントと検察庁法改正賛成派らしきアカウントとの罵倒合戦を指してのことだった。500万超の圧倒的なフォロワー数を誇る彼女は、当然のことながら否定リプのターゲットにもなりやすかったのだろう。

「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せずの画像3
削除に際しての思いをつづった、きゃりーぱみゅぱみゅのツイート。

 またなかには、芸能人から芸能人へのリプもあった。常日頃より中韓批判や安倍政権寄りの発言を繰り返しているタレントのほんこんは、井浦新のツイートに対し、以下のリプを付けた。

「著名人の皆様 その勢いで 竹島、尖閣、北方領土、拉致被害問題、香港民主化 近隣諸国問題や その他諸々の問題も ハッシュタグつけて呟いて下さい。 よろしくお願いします。 #竹島 #尖閣 #北方領土 #拉致被害問題 #香港民主化 #近隣諸国問題 」

 彼がなぜ、数ある著名人のツイートのなかでも井浦新を選んでリプしたのかは不明である。

笑福亭鶴瓶、ラジオで検察庁法改正問題に言及

 11日月曜には、きゃりーぱみゅぱみゅのツイート削除の影響もあったのか、新たな芸能人のツイートはほとんど見られなくなる。

 12日火曜になると、これまで政治に関する発言のなかった女優の岩佐真悠子が、「中卒でね。元ヤンとかって事になってるけど、ちゃんと一応色々勉強してるしバカではないの。 #検察庁法改正案に抗議します」と遅れてデモの列に加わった。

 また同日、先述の通り当初より検察庁法改正の理不尽さをツイッターで訴えていた芸能人のひとりである俳優の豊原功補が、「いろんな考えもあって、様々な媒体で情報も溢れてきてます。しかしどうしても釈然としない。なので元よりの自分に従い、#検察庁法改正に抗議します」と、別ハッシュタグでツイートしている。

 そのほか女優の裕木奈江も、ハッシュタグこそ付けなかったが、5月10日日曜の時点で検察庁法改正の話題についてツイッター上で言及。

 一方、ツイッターをやっていない笑福亭鶴瓶が5月10日日曜、MBSラジオ『ヤングタウン日曜日』の生放送で検察庁法改正案の件に触れ、「歴史の教科書にあかん人載りますよ。この政権あかん人が多いなって出ますわ」との発言をしたとの報道もあった。『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)などいくつものレギュラー番組を持つお笑い界の大物までもが、検察庁法改正案に対して否定的なスタンスを示したのである。これも、近年の芸能界には見られなかった傾向であろう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合