現在ではあまり聞かなくなったが、かつては地上の特定の場所に特定の時間帯に行くと、蒸発(行方不明)、テレポーテーション、あるいはタイムトリップといった現象が稀に起こりうると語られてきた。例えば、船舶や航空機が行方不明となったバミューダ三角地帯はその代表であるが、そんな場所においては、特定の時間帯において時空が歪むか、並行宇宙のような別次元・異世界へのポータルがあるのではないかとも推測されてきた。

 これから紹介する話は、テレポーテーションには関わっていないが、タイムトリップしたか、並行宇宙を垣間見たのではないかとされる謎の事件であり、欧米では比較的有名な事件である。

 1957年10月のある日曜日の朝、15歳の少年ウィリアム・ラング、マイケル・クロウリー、そしてレイ・ベイカーの3人は、イギリス海軍に入隊してまもなく、地図解読の訓練に参加した。地図を頼りに田園地方を4~5マイル(6~8キロメートル)歩んで指定の場所に行き、そこで見たものを基地に戻って報告するという任務だった。指定された場所は、サフォーク州の村カージーにあったが、そこは絵のように美しい景観で知られる、歴史ある村だった。

イギリスのカージー村、約500年前へのタイムトリップ発生?訪問者の奇妙な体験の画像1
英サフォーク州カージーの街並み 1957年Jack Merriott画
イギリスのカージー村、約500年前へのタイムトリップ発生?訪問者の奇妙な体験の画像2
英サフォーク州カージーの街並み 写真:Keith Evans

 当日、3人がカージーの村に近づいた時、秋という季節だったにもかかわらず、「そこは青々としていて、春か初夏のように木々は見事な緑色をしていた」とラングは記憶していた。だが、3人が村に入っていくと、不気味なことに、教会の鐘は鳴り止んだ。メインストリートが始まる道を小川が横切っていたが、その脇にいたカモたちはまったく動かなかった。村には静寂が漂っていた。

 3人が家々に近づくと、秋の鳥たちの鳴き声も聞こえなくなり、風もなくなった。通り過ぎる木々の葉も揺れ動かなかった。そして、木々は影を落としていないようだった。通りにはまったく人通りがなかった。

 その日は1957年の日曜の朝で、イギリスの田舎においては、奇妙なことではなかったのかもしれない。しかし、イギリスでもっとも辺境の村々にあっても、道端に停められた自動車、道路に沿って張られた電話線、屋根の上のアンテナなど、近代的なものがいくらか見られるものだったが、この村にはそのようなものが一切みられなかった。実際、目抜き通りの家々はみなボロボロで、手作りで、木材で縁取られ、時代がかっていた。それはほとんど中世の外観だった。

 3人の士官候補生たちは一番近くの建物に歩いて行き、汚れた窓に顔を押し当てた。中をちらりと見てみると、テーブルやカウンターはなく、皮をはがれた牛がまるごと2~3体吊るされていて、所どころ緑色に変色していた。また、緑色に塗られたドアと、小さめのガラスの枠を備えた窓が、一つは正面に、もう一つは側面にあり、汚れていた。3人は信じられない思いで緑色にかびた死体を窓越しにみたことを覚えていた。1957年という時期に、あのような状態での営業を保健所が許すとは信じられなかったのである。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ