【完了】ツタヤ図書館、工事遅延の文書を独占入手!行政もひれ伏すCCCの絶大な影響力が判明の画像1
「キーノ和歌山 HP」より

 和歌山市で、鳴り物入りでオープンする公共施設の工期が大幅に遅れていた――。筆者は、その経緯が記録された内部文書を独自に入手。これにより、これまでまったく表に出てこなかった、行政と民間とのせめぎあいの実態が浮かび上がってきた。

 6月5日、南海電鉄和歌山市駅前にグランドオープンする和歌山市民図書館。運営を担当するのは、全国にTSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)だ。当サイトでは、関西初進出の“ツタヤ図書館”のプロジェクトにかかわるさまざまな不正疑惑を繰り返し報じてきたが、今回は工期遅延についての“ある疑惑”について迫ってみたい。

 下の画像は5月上旬、筆者が独自に入手した和歌山市民図書館の施工に関する説明資料である。

【完了】ツタヤ図書館、工事遅延の文書を独占入手!行政もひれ伏すCCCの絶大な影響力が判明の画像2

 これを見た瞬間に、「なにか変だ」と感じられた人も多いのではないだろうか。日付もなければ、タイトルもない。あちこちに不自然な空白が配置されている。あきらかに何かが隠されている気配がして仕方ない。

 文書をいじくりまわしているうちに、PDFのあちこちに空白の画像を貼り付けてマスキング加工されていることが判明。それを剥がしてみたところ、違和感のない文書が現れた。それが下の画像である(赤字で囲んだ部分が消されていた)。

 2018年に財務省が開示した森友学園との交渉記録のうち、黒塗りでマスキングされた部分が剥がせると話題になったのを覚えている方もいるだろう。それと同じようにマスキングされていたようだ。

【完了】ツタヤ図書館、工事遅延の文書を独占入手!行政もひれ伏すCCCの絶大な影響力が判明の画像3

【完了】ツタヤ図書館、工事遅延の文書を独占入手!行政もひれ伏すCCCの絶大な影響力が判明の画像4
白い画像をPDF文書の上に貼り付ける手法でマスキングされていた部分を、すべて剥がした文書。赤線の四角で囲んだ部分が白塗りを剥がした箇所。

“白塗り”を剥がした文書を詳細に見ていくと、市民図書館の工事が遅延した経緯を説明した文書であることがわかった。

 同館は、当初「19年10月オープン」とアナウンスされていたが、それが「19年12月オープン」になり、さらにはそれも再度延期になって、最終的には「20年4月オープン」と昨年、正式決定されていた。

 新型コロナウイルス感染拡大によって全国に緊急事態宣言が出されたため、この後さらに6月5日までオープンは延期となるのだが、それまでの2度の延期についての明確な理由は、和歌山市から示されていなかったが、この文書には、その最初の延期についての経緯が書かれていたのだ。

 先に、結論から述べておこう。新図書館の指定管理者(CCC)が提案した設計に関する資料提出が遅れたために、工事完成に1カ月半の遅れが出たと、この文書は結論づけている。つまり、「遅延したのはCCCの責任」だと明言しているのである。これは内部告発のための文書なのかもしれない。

 いったい何があったのか。17年11月、和歌山市は新しい市民図書館の指定管理者にCCCを選定した。着工は翌春以降で、先行して運営者を決めたわけだが、指定管理者の応募にあたっては「空間イメージの提案」を求めていた。選定後、CCCは建物の施主である南海電鉄にそのプランを提出して、そのままスムーズにいけば、そのプランも取り入れた新図書館が翌年7月には完成するはずだった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ